ホーム > 環境・まちづくり > 都市整備 > やさしいまちづくり > ユニバーサルデザインまちづくりワークショップ > ユニバーサルデザインまちづくりワークショップの取り組み

ここから本文です。

更新日:2018年8月24日

ユニバーサルデザインまちづくりワークショップの取り組み

東京2020公認プログラム

江東区が目指すユニバーサルデザインまちづくりとは

年齢・性別・国籍・能力などの違いを尊重しつつ、だれもが使いやすい安全で安心な環境をつくるため、区と区民および事業者が協働ですすめるまちづくりです。

ワークショップの様子

ユニバーサルデザインまちづくりワークショップとは

本区では平成13年度から、区民や在勤の方々の参加を募り、区民・事業者・区が協働で、様々なテーマのワークショップを開催しています。

ユニバーサルデザインを推進するためには、個々の能力や様々な立場の人のことを考え、理解することが大切です。ワークショップは、多くの人のことを考える機会を広げ、一人でも多くの人が利用しやすい「まち」をつくるための取り組みです。

ワークショップは年間8回程度、まちづくりにおけるユニバーサルデザインの意味と必要性について認識し、まちあるきやグループワークを通じて参加者全員が各人の立場で知恵を出し合いながら議論を進めます。

江東区ユニバーサルデザインまちづくりは、常に住民参加ワークショップが基本にあり、そこからの意見を実際の整備やハンドブックの作成、小学校との交流などにつなげてきました。

関連ドキュメント

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 まちづくり推進課 まちづくり担当(やさしいまちづくり) 窓口:区役所5階23番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9781

ファックス:03-3647-9009

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?