ホーム > 環境・まちづくり > 都市整備 > 都市景観 > 景観づくりに係る建築行為等の届出(景観計画の届出)

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

景観づくりに係る建築行為等の届出(景観計画の届出)

新型コロナウイルス感染症拡大防止にかかる届出の対応について

景観づくりに係る建築行為等の届出(景観計画の届出)については、郵送にて届出できますので、電話(03-3647-9183)にてご相談ください。

なお、郵送する場合は、可能な限り、特定記録等の発送確認や追跡サービスのある方法をご利用ください。その際は、副本返送用の封筒(切手を貼付。可能な限り、特定記録等の発送確認や追跡サービスのある方法)を同封ください。

届出制度の趣旨

江東区は、平成6年11月に「江東区まちなみ景観形成のための中高層建築物に関する要綱」に基づく届出制度を創設し、また、平成10年12月には「江東区都市景観条例」を制定し、美しい都市景観の形成に取り組んできました。

さらに、より積極的に景観形成を促進するため、平成20年12月に景観法に基づく景観行政団体(一つの地域について一元的に景観計画に基づく施策を実施する主体)となり、良好な景観形成を促進するために定める、基本的計画の「江東区景観計画」を策定し、併せて、従来の自主条例を景観法に基づく条例に改正し、平成21年4月1日から施行しています。

平成25年4月1日には、景観計画を改定し、従来の深川萬年橋景観重点地区に加え、新たな景観重点地区(深川門前仲町景観重点地区及び亀戸景観重点地区)を追加しました。また、平成26年11月1日には、集合住宅に対する新しい景観形成基準を追加しました。

この条例及び景観計画に基づき、一定規模以上の建築物を建築する場合や工作物を設置する場合などには、建築確認等の手続きに先立ち、景観についての計画を事前に届け出ていただくことになります。建築物等の設計にあたって、まちなみを意識した景観的配慮の検討を十分に行っていただくことが届出制度の目的です。

この届出制度を通して、皆さんと共により良いまちなみをつくっていきたいと考えていますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

届出のながれ

下の関連ドキュメント「景観手続きQ&A」(PDF:515KB)(別ウィンドウで開きます)もあわせて参照してください。

1景観計画届の手引き・景観形成基準等を受け取る

建築行為等を計画されている方は、計画の早い段階から区と調整・相談を行ってください。

【景観計画の地区の検索】

江東区建築情報閲覧システム(別ウィンドウで開きます)」をご確認ください。

景観の地区が重なっている場合やまたがっている場合⇒色彩基準については、該当する地区全部の基準を守るようにしてください。また景観形成基準については、重点地区(深川萬年橋景観重点地区、深川門前仲町景観重点地区、亀戸景観重点地区)が一番厳しく、特別地区(清澄庭園景観形成特別地区、水辺景観形成特別地区)、基本軸(臨海景観基本軸、隅田川景観基本軸)、下町水網地域の順に緩やかになっていきます。該当する地区のうち、1番厳しい地区の形成基準を優先してください。

【景観計画届出の対象か確認】

建築物⇒「景観計画届出に関する流れ(建築物)(PDF:149KB)(別ウィンドウで開きます)」をご確認ください。

景観重点地区では、すべての建築物が景観計画の届出対象です。

届出対象であれば、「景観計画届の手引き(PDF:1,085KB)(別ウィンドウで開きます)」で手続きの流れをご確認ください。

工作物その他⇒「景観計画届の手引き(PDF:1,085KB)(別ウィンドウで開きます)」をご確認ください。

2周辺のまちなみ調査及び景観に対する配慮の検討

計画予定地の周辺状況などを調査してください。

景観に対する配慮は各景観の区域の景観形成基準、まちなみ景観色彩ガイド等を参考に検討してください。

3事前相談

計画の早い段階で事前相談をしていただきます。

事前相談の場では、景観形成基準等により検討を行います。
必要に応じて設計コンセプト・景観に対する配慮を説明していただき、区との相談を踏まえて景観上の工夫や配慮を設計に取り入れていただきます。

大規模建築物(延べ面積10000平方メートル以上、景観重点地区内では延べ面積1000平方メートル以上または高さ20m以上のもの)の場合には、学識経験者で構成する江東区都市景観専門委員会において審議します。その際、景観に対する配慮の説明、意見に対する回答をしていただきますので、大規模建築物等を計画される際にはお早めに都市計画担当までご相談ください。

江東区都市景観専門委員会は月1回の開催となり、8月は休会となりますので、ご注意ください。

 

江東区は景観行政団体(一つの地域について一元的に景観計画に基づく施策を実施する主体)となっているため、景観計画の届出は江東区に提出していただきますが、一部の大規模建築物等においては、東京都との事前協議が必要となります。詳細は東京都都市整備局のホームページ「大規模建築物等の建築等に係る事前協議制度の概要」(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)をご参照ください。

 

4景観計画の届出

建築確認・各種許可申請の15日前(大規模建築物は30日前、景観重点地区内では延べ面積10000平方メートル未満の建築物は15日前)までに届出書、計画書に必要な図面を添付し景観計画の届出をしていただきます。届出部数は2部(正・副)です。

5景観計画変更届

届出後に景観計画の変更が生じた場合は、変更届出書に変更内容が分かる図面を添付し提出していただきます。届出部数は2部(正・副)です。

6完了・中止届

届け出た建築行為等を完了または中止した時は、速やかに「建築行為等の完了・中止届出書」を1部(副本が必要な場合は2部)提出(完了の場合は写真添付)してください。

関連ドキュメント

【江東区の景観計画届出制度の「概要」を知りたい方は…】

【江東区の景観計画届出制度の「詳細」を知りたい方は…】

【景観計画の地区の検索】

(簡易な検索)

(詳細な検索)

【景観計画の地区ごとの景観形成基準】

【景観計画届出書式(届出書)】

【景観計画届出書式(景観形成計画書)】

【江東区都市景観専門委員会について】

【その他書類】

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 都市計画担当(景観) 窓口:区役所5階21番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9183

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?