ホーム > 環境・まちづくり > 都市整備 > 都市景観 > 景観重点地区(深川萬年橋・深川門前仲町・亀戸)について

ここから本文です。

更新日:2017年10月6日

景観重点地区(深川萬年橋・深川門前仲町・亀戸)について

景観重点地区とは

地域の特色を現したまちなみをつくっている地域、これからの江東区の都市景観を創造していく地域などを、重点的に景観の誘導や保全を図るために指定される地区のことです。

江東区では平成19年4月に「深川萬年橋景観重点地区」を指定し、平成25年4月に新しく「亀戸景観重点地区」、「深川門前仲町景観重点地区」を追加指定し、独自の基準による景観づくりを推進しています。

建築・広告設置等は届出を

景観重点地区内の建築物や屋外広告物の景観に関する届出の基準は、区内の他の地域と異なります。

建築や増改築する物件の規模によっては、月1回開催される江東区都市景観専門委員会で審議することになります。

詳細については、下の関連ドキュメントや関連ページ(「景観づくりに係る建築行為等の届出」や「屋外広告物の事前相談(景観)について」など)をご確認いただくか、都市計画課窓口(5階21番窓口)で配付している資料をご確認ください。

延べ床面積1,000平方メートル以上、または高さ20m以上の建築物は、都市景観専門委員会で審議しますので、早い段階での事前相談をお願いします。

関連ドキュメント

【景観計画の地区の検索】

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市整備部 都市計画課 都市計画担当(景観) 窓口:区役所5階21番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9183

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?