ホーム > 健康・福祉 > 保健 > 結核・感染症予防 > 新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

  • スポーツと人情のまちでおもてなし エスコート Special たくさんのSがある特別なまち 江東区

ここから本文です。

更新日:2021年9月17日

新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)について

 新型コロナウイルスのワクチン接種を受けたことを英語・日本語併記で証明する接種証明書(ワクチンパスポート)の交付申請受付を7月26日(月曜日)から開始します。
 この証明書は、証明書の提示を行うことで入国時に防疫措置(隔離措置・PCR検査等)の免除・緩和を行う国・地域(下記掲載)での利用を想定しています。

 ※原則、下記の国・地域へ海外渡航の予定がある方のみが交付対象です。対象国・地域以外の方からの申請がなされると、真に必要な方への交付に非常に多くの日数がかかる恐れがありますので、対象国・地域以外へ渡航する方は申請をお控えくださいますようお願いします。

※日本国内での予防接種の証明は、接種券に添付されている予防接種済証(接種会場で接種時にシール貼付)、接種記録書(医療従事者等の方)等により行いますので、接種後は大切に保管してください。

申請できる方

 現に海外渡航の予定があり、接種日時点で江東区に住民票があった方(江東区の接種券で接種を受けた方)

申請方法

 ご本人による郵送申請により受付します。以下の書類を同封して下記の請求先までご郵送ください。

※緊急事態宣言に伴う感染症対応のため、区役所への来庁はご遠慮ください(窓口での交付はできません)

  添付書類 備考
1 交付申請書

予防接種証明書交付申請書(こちらからダウンロードできます。)(PDF:68KB)

予防接種証明書交付申請書記入例(PDF:70KB)

2 渡航時に使用する旅券(パスポート)の写し 旅券番号・ローマ字氏名が確認できるよう複写
3 接種券または接種記録書の写し

接種券番号と接種履歴がわかるように複写※注1

4

本人確認書類の写し

氏名・送付先住所・生年月日がわかるように複写された運転免許証、健康保険証等※注2
5 返信用封筒 本人確認書類の写しと同一の送付先住所と本人氏名を明記し、切手を貼付※注3


※注1:添付がない場合は、本人確認書類の写しはできるだけマイナンバーが確認できる書類(個人番号カード・個人番号が記載された住民票の写し等)を同封してください。また、接種記録確認のため通常より発行に日数を要します

※注2:旅券(パスポート)に旧姓・別姓・別名等の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名等が確認できる書類の写しを添付してください(例:旧姓併記のされたマイナンバーカード、運転免許証、戸籍謄本、住民票の写し、当該別名・別姓の記載のある外国の旅券等)。

※注3:添付の本人確認書類の写しに記載された住所以外へは送付できません。なお、必要料金分の切手が貼られていれば、速達等で送付することは可能です。その際は返信用封筒に朱書きで指定方法をご記載ください。料金不足の場合は「不足料金受取人払い」にて返送させていただきますので、予めご了承ください。

費用

 無料

申請先

〒135-8383
江東区東陽4丁目11番28号 江東区役所新型コロナウイルスワクチン接種推進室 ワクチンパスポート担当 宛

※申請書類の到達から5日程度での発送を予定(混雑状況によりさらに日数がかかります)

受付開始日

令和3年7月26日(月曜日)

※本事業の根拠法令となる予防接種法施行規則の改正施行期日が7月26日(月曜日)のため、前倒しでの交付は行えません。

 接種証明書の提示による防疫措置の免除・ 緩和が確認された国 ・地域

イタリア、エクアドル、エストニア、オーストリア、カナダ、ガボン、コソボ、サモア、シンガポール、スリランカ、スロバキア、セントクリストファー・ネービス、セントビンセント、タイ(プーケット島、サムイ島、パンガン島、タオ島のみ)、デンマーク、ドイツ、トルコ、パプアニューギニア、パラオ、フランス、ブルガリア、米国( グアムのみ)、ベトナム、ベリーズ、ポーランド、香港、ホンジュラス、リトアニア、インドネシア、カナダ、スロベニア、ベラルーシ、マレーシア、モルディブ(令和3年9月17日現在)

※韓国は駐日韓国大使館にて発行される隔離免除書の申請に必要な書類のうちのひとつである「予防接種証明書」として認められます。ただし、韓国が指定する変異株流行国に日本が追加されたことを受け、9月1日以降、日本から韓国に入国する場合、隔離免除が適用されません。

※防疫措置の免除国・地域は、随時追加される可能性があります。詳細は、外務省海外安全ホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

接種証明書全般に関するお問合せ先

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
対応言語:日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語・タイ語・ベトナム語
受付時間:下記参照(土日・祝日も実施)
日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:9時~21時
タイ語:9時~18時
ベトナム語:10時~19時

関連サイト

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

ワクチン接種に関する差別などの防止について

ワクチン接種証明書は、あくまで接種を受けた本人の接種の事実を証明するものです。また、ワクチン接種は、感染予防効果と副反応のリスクの双方を理解した上で、自らの意志で接種を受けていただくものであり、強制ではありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようご理解とご協力をお願いします。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?