ホーム > 健康・福祉 > 保健 > 結核・感染症予防 > 余剰ワクチン等の取り扱いについて

  • スポーツと人情のまちでおもてなし エスコート Special たくさんのSがある特別なまち 江東区

ここから本文です。

更新日:2021年5月31日

余剰ワクチン等の取り扱いについて

区では、当日キャンセルや、予診で接種を見合わせた場合等により、希釈した新型コロナワクチンに余剰が生じた場合には、当面、次の順位により接種を行います。

1 集団接種会場

  • 接種会場の医療従事者(医師、看護師のほか事務職員等を含む)
  • 付き添い等、接種会場にいる65歳以上の高齢者
  • 接種会場近隣の小・中学校等で勤務する者

2 個別接種会場

  • 接種会場の医療従事者(医師、看護師のほか事務職員等を含む)
  • 付き添い等、接種会場にいる65歳以上の高齢者
  • かかりつけ患者で未だ予約していない65歳以上の者
  • 翌日以降の接種予定者
  • 接種会場近隣の小・中学校等で勤務する者
  • かかりつけ患者で基礎疾患のある者及び60歳から64歳までの者
  • その他、院長の判断により接種を認めた者(例:接種会場近隣の住民・事業所従事者)

 

関連ページ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?