ホーム > こども・教育 > 子育て支援 > 手当・医療助成 > 寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

江東区では、手当等の資格審査や手当額の判定を行う際に、未婚のひとり親に対する「寡婦(夫)控除」のみなし適用を実施します。

寡婦(夫)控除のみなし適用とは

税法上の寡婦(夫)控除が適用されない未婚のひとり親家庭に対し、寡婦(夫)控除があるものとして資格審査や手当額判定を行い、資格及び手当額の認定を行うものです婚姻歴がある等、税法上の寡婦(夫)控除を受けられる方は、対象になりません。(婚姻には、事実上婚姻と同様の事情にある場合を含みます。)

  • 寡婦(夫)控除のみなし適用を行う場合は、申請が必要になります。
  • 所得の状況によって、支給額が変更にならない場合があります
  • このみなし適用によって、税法上の控除を受けることはできません。

対象となる方

区内に住所を有し、所得を計算する対象となる12月31日現在及び申請日現在で、以下の要件を満たす方

婚姻歴のない母

  • (「寡婦控除」のみなし適用の場合)現在婚姻をしていない方(注1)のうち、扶養親族または「生計を同じくする子」(注2)がいる方
  • (「特別寡婦控除」のみなし適用の場合)上記に該当し扶養親族である子がいる方で、かつ、合計所得金額が500万円以下である方

婚姻歴のない父

  • (「寡夫控除」のみなし適用の場合)現在婚姻をしていない方(注1)のうち生計を同じくする子」(注2)がいる方で、合計所得金額が500万円以下である方

(注1)「現在婚姻をしていない方」には、届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある場合も含まれます。

(注2)「生計を同じくする子」とは、総所得金額等が38万円以下であり、他の人の控除対象配偶者や扶養親族になっていない場合に限ります

控除額

区分 控除額
寡婦 所得制限の判定にかかる所得額から27万円を控除
特別寡婦 所得制限の判定にかかる所得額から35万円を控除
寡夫 所得制限の判定にかかる所得額から27万円を控除

各手当等における対象者

各対象制度(手当等)における、「寡婦(夫)控除」のみなし適用の対象となる方は以下のとおりです。

対象制度 対象者 適用年月日
児童手当 手当の申請者・受給者。 平成30年6月1日
児童扶養手当 児童の父母以外で児童扶養手当を申請・受給している方。または、児童扶養手当の申請者・受給者と同居する扶養義務者。(児童の父母が児童扶養手当を申請・受給する場合、申請・受給する父母本人は、みなし適用の対象となりません。) 平成30年8月1日
特別児童扶養手当 手当の申請者・受給者、または手当の申請者・受給者と同居する扶養義務者。 平成30年8月1日
児童育成手当 手当の申請者・受給者。 平成29年6月1日
ひとり親医療費助成制度(マル親医療証) 児童の父母以外でマル親医療証を申請・受給している方。または、マル親医療証の申請者・受給者と同居する扶養義務者。(児童の父母がマル親医療証を申請・受給する場合、申請・受給する父母本人は、みなし適用の対象となりません。) 平成31年1月1日

 

その他

婦(夫)控除のみなし適用についてご不明な点や、申請手続きについては「こども家庭支援課給付係」(03-3647-4754)までお問い合わせください。

関連ページ

お問い合わせ

こども未来部 こども家庭支援課 給付係 窓口:区役所3階14番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽4-11-28

電話番号:03-3647-4754

ファックス:03-3647-9196

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?