ホーム > こども・教育 > 保育園・保育施設 > 保育園等の申込をされる方へ > 求職事由の認定有効期間取り扱いについて(8月31日時点)

ここから本文です。

更新日:2020年8月31日

求職事由の認定有効期間取り扱いについて(8月31日時点)

令和2年度中に内定が決まり在園中の方及び令和2年度以前から在園されている方につきましては、求職要件の認定期間を令和3年3月末まで延長しますそのため、令和3年3月末までに就労を開始し4月の2週目までに勤務証明書を提出いただければ、引き続き在園することが可能です。

1 現在待機となっている方、又は認可外保育施設の補助金の関係で保育の必要性の認定を受けている方につきましては、取り扱いの変更は行っておりません。認定有効期間終了月中に求職活動報告書の提出がない場合はそこで認定終了となります。

※2 在園中の方につきましては、認定有効期間の延長手続きは必要ございませんが、必要に応じて「求職活動報告書(区様式)」を求める場合があります。

令和2年7月分以降の保育料について

登園自粛要請期間の終了に伴い、利用日数に応じた日割り計算による保育料の減額は6月で終了いたします。7月以降は通常の保育料の取り扱いとなり、減額はございません。

保育料の減額免除について

経済的に保育料の支払いが困難な場合は、申請に基づき保育料が減額または免除となることがあります。詳細については、在園ハンドブック17ページをご確認いただくか、保育課入園係にご連絡ください。

 

 

お問い合わせ

こども未来部 保育課 入園係 窓口:区役所3階12番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-4934

ファックス:03-3647-9290

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?