ホーム > 健康・福祉 > 保健 > 結核・感染症予防 > こどもに医療機関受診を迷う症状があるとき

  • スポーツと人情のまちでおもてなし エスコート Special たくさんのSがある特別なまち 江東区

ここから本文です。

更新日:2020年5月14日

こどもに医療機関受診を迷う症状があるとき

 お子さんが以下のいずれかに該当する場合は、帰国者・接触者相談 センターやかかりつけ小児医療機関に御相談ください 。

  • 息苦しさ、強いだるさ、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 ※水分や食事がとれない、ぐったりしているなどお子さんに受診に迷う症状があるときは、新型 コロナウイルスに感染しているか否かに関わらず、他の病気も考えられますので、速やかにかかりつけ小児医療機関に電話して受診を相談してください 。

こどもの感染予防

 こどもにおいて特別な感染予防はなく、大人と同様に 手洗い ・手指消毒を行ってください。
①密閉空間、②密集場所、③密接場面という3つの 「 密 」 を避けてください。

こどもは家庭内で感染していることが多いとの報告があるため、まずはご家族の感染予防が大事です。家庭内に感染の疑いがある方がおられる場合は、別室で過ごすなど接触を避けてください。

関連ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?