ホーム > 区政情報 > 施策・計画 > 新型コロナウイルス関連 > 新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

ここから本文です。

更新日:2022年4月28日

新型コロナウイルス感染症と診断された方へ

ゴールデンウィーク中の対応について

ゴールデンウィーク中のご相談は下記までお願いいたします。

配食等の申し込みや一般的な相談:0120-670-440(東京都自宅療養サポートセンター)
体調悪化時の相談:上記東京都自宅療養サポートセンターにご連絡いただくか、事前に江東区保健所からSMSでご案内した東京都の24時間の医療相談にご連絡ください。

なお、療養証明書のご確認は上記東京都の相談窓口ではご対応いたしかねます。土日祝日を除いた平日に、江東区保健所までご連絡ください(03-3647-5879平日8時30分から17時)。
 

現在、患者数の急増により保健所からの電話連絡が難しい状況となっており、ショートメールでのご連絡となっております。

 なお、3~4日経っても保健所からの連絡がない場合、電話番号が誤っている等の場合が考えられますので、お手数ですが下記までお問い合わせください。

【連絡先】江東区保健所 03-3647-5879(平日8時30分から17時)

 

 恐れ入りますが、ポイントとなる以下の点についてご確認をお願いいたします。

1.発症日と自宅療養の終了予定日

 発症日を0日とし、10日間は療養期間となります。発症日とは、何らかの症状(発熱、のどの痛み、咳など)が出た日のことを指します。

 11日目からの行動制限はありません。

(例)発症日1月21日→療養終了日1月31日→復帰可能日2月1日

 無症状患者(無症状病原体保有者)は、検査をした日から7日目までとなります。8日目からの行動制限はありませんが、10日目までは検温などご自身での健康状態の確認等を行ってください。

 療養終了日の目安として、下記リンク内にある東京都の「オミクロン株の療養期間・待機期間の目安判定ツール」をご利用ください。
東京都福祉保健局「療養者・濃厚接触者の方へ」https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/corona_portal/shien/index.html

発症日の判断にご不明な点がある際は、江東区保健所にご相談ください。

 症状に応じた療養期間の延長もあります。発症日から8日目以降に、37.5℃以上の発熱や解熱剤の内服等があった場合は、療養期間が延長となる場合があります。その際は、江東区保健所にお電話でご相談ください。

【連絡先】江東区保健所 03-3647-5879(平日8時30分から17時)

2.配食・パルスオキシメーター貸与について【うちさぽ東京】

 東京都では、新型コロナウイルス感染症の患者様に食料やパルスオキシメーターを配送しています。ご希望の方は、東京都自宅療養サポートセンター(「うちさぽ東京」)にご連絡ください。

 東京都自宅療養サポートセンター「うちさぽ東京」 0120-670-440 (24 時間受付、 11 言語対応)

 下記の東京都のサイトからWEB申し込みも可能です。

 自宅療養サポートセンター(うちさぽ東京)のご案内(外部サイトへリンク)

3.健康観察について

 すでにショートメールでご案内している「MY HER-SYS/マイハーシス」で、ご体調の入力をお願いいたします。

4.保健所へのご連絡について

 体温が38.5度以上、呼吸困難感がある等で受診や入院を希望する方、自宅で家族等との隔離が困難であり専用の宿泊施設に入りたい方は、患者様ご自身から直接、江東区保健所または東京都自宅療養サポートセンター「うちさぽ東京」にご連絡ください。

【連絡先】

江東区保健所 03-3647-5879(平日8時30分から17時)

東京都自宅療養サポートセンター「うちさぽ東京」0120-670-440 (24 時間受付、 11 言語対応)

 このほか、患者様専用の区及び東京都の電話番号をショートメールでお知らせしております。 

5.濃厚接触者について

 同居家族は濃厚接触者となります。自宅で部屋を別にし、トイレ等の使用後に消毒をしてください。自宅内での隔離とした日を0日として、7日間は外出自粛と検温など自身による健康状態の確認、症状が出てきた場合の受診をお願いします。


 ただし、抗原定性検査キットにより4日目、5日目に自費検査を行い、陰性が確認された場合には5日目から待機を解除することが可能となります。その際に保健所への連絡は必要ありませんが、引き続き7日目までの健康観察、ハイリスク者との接触やハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避け、マスク着用等の感染対策をお願いします。
検査キットは、薬事承認を受けた「体外診断用」のキットを薬局等で自費で購入していただくことになります。対象となるキットについては、「厚労省 体外診断用医薬品」で検索していただき、厚労省で作成した一覧表で確認いただけます。

なお、濃厚接触者で保育園や学校、高齢者・障がい者施設等に通われている方は、各施設にもご報告ください

 

以上、コロナウイルス感染症に感染した場合の対応についての詳細につきましては、以下のページをご参照ください。

新型コロナウイルス感染症に感染した場合の対応について(別ウィンドウで開きます) 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?