ホーム > 健康・福祉 > 保健 > 精神保健・酒害 > 精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取り扱いについて

ここから本文です。

更新日:2020年5月27日

精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取扱いについて

 精神障害者保健福祉手帳の更新の際、診断書の提出を猶予できます。

 新型コロナウイルス感染症のための臨時的な取扱いです。下記に該当する方は、現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳の有効期限から1年間、更新申請に必要な医師の診断書の提出を猶予することができます。

対象者

以下のすべてを満たす方

・医師の診断書を添付して手帳の更新をする方

・令和2年3月1日から令和3年2月28日までに有効期限を満了する方

・新型コロナウイルス感染症の影響により、医療機関への受診が困難な方

注意事項

・診断書の提出は、免除ではありません。現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳の有効期限から1年以内に診断書を提出する必要があります。

・診断書を猶予する場合でも、診断書以外の必要書類(写真等)を揃えて更新の手続きをする必要があります。必要書類は、「精神福祉手帳」のページをご確認ください。

 ・新規申請の場合は、診断書の添付が必要です。また、年金証書を添付しての更新申請は省略することはできません。

問い合わせ先

  • 城東保健相談所 大島3-1-3 電話(3637)6521
  • 深川保健相談所 白河3-4-3-301 電話(3641)1181
  • 深川南部保健相談所 枝川1-8-15-102 電話(5632)2291
  • 城東南部保健相談所 南砂4-3-10 電話(5606)5001
  • お問い合わせ

    健康部(保健所) 保健予防課 保健係

    郵便番号135-0016 東京都江東区東陽2-1-1

    電話番号:03-3647-5906

    ファックス:03-3615-7171

    より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

    このページの情報は役に立ちましたか?

    このページの情報は見つけやすかったですか?