ホーム > くらし・地域 > ペット・動物 > ペット > 平成31年度狂犬病定期予防集合注射(終了いたしました。)

ここから本文です。

更新日:2020年3月11日

平成31年度狂犬病定期予防集合注射(終了いたしました。)

「狂犬病定期予防集合注射」を実施します

犬の飼い主には、狂犬病予防注射を飼い犬に年1回(4月から6月の間)受けさせることが法律で義務付けられています。

江東区では、狂犬病の発生を予防するため下記のとおり狂犬病定期予防集合注射を実施しますので、ご利用ください。

実施期間及び時間

平成31年4月5日(金曜日)から平成31年4月16日(火曜日)(4月6日(土曜日)及び4月14日(日曜日)は実施しません。)

各日共に午後1時30分から3時まで(雨天・荒天等により中止となる場合があります。)

実施会場及び実施日

実施会場一覧表(PDF:74KB)

狂犬病定期予防集合注射の受け方

例年3月中旬に、江東区に飼い犬の登録をされている飼い主の方へ「狂犬病定期予防集合注射のお知らせ」ハガキを発送します。

(本年はすでに発送いたしました。)

  1. 「狂犬病定期予防集合注射のお知らせ」ハガキ表面に記載されている申請内容を確認して、誤りや変更がある場合は赤字で訂正してください。
  2. 「狂犬病予防定期集合注射のお知らせ」ハガキと注射料金及び注射済票交付手数料を持参し、飼い犬と一緒にご来場下さい(ご来場の際には、飼い犬を確実に制止できる方がお越し下さい)。
  3. 「狂犬病定期予防集合注射のお知らせ」ハガキ表面に注射当日の飼い犬の状況を記載して、署名してください。
  4. 実施会場の受付担当の指示に従って狂犬病予防注射を受けてください。
  5. 注射料金及び注射済票交付手数料をお支払いの後、注射済票と領収書を受け取ってください。

(注意)実施会場には「狂犬病定期予防集合注射のお知らせ」ハガキをご用意してありますので、新規の方もご利用下さい。

注射料金及び手数料

 

狂犬病予防注射のみ

狂犬病予防注射及び犬の新規登録

狂犬病予防注射料金

3,100円

3,100円

注射済票交付手数料

550円

550円

犬鑑札交付手数料

3,000円

合計

3,650円

6,650円

犬の登録

実施会場では、狂犬病予防注射と併せて、飼い犬の新規登録もできます。(※区内在住の飼い主の方)

まだ飼い犬を登録していない方は、会場で申し出てください。

狂犬病予防注射を受けた後の注意事項

  • 狂犬病予防注射を受けた日から2、3日間は安静に努め、長時間の散歩、激しい運動、シャンプー等は控えてください。
  • 狂犬病予防注射を受けた後、ときに一過性の発熱、元気・食欲減退、下痢・嘔吐、接種部位に軽度の痛み、発赤、痒み、腫れ等を示すことがあります。
  • 狂犬病予防注射を受けた後は普段より注意深く、犬の様子を観察するように心がけてください。
  • 下記の副反応が認められた場合は、速やかに動物病院へ連絡し、獣医師の指示に従って適切な処置を受けてください。
  • アレルギー反応【顔の腫れ、痒み、じんま疹など】
  • アナフィラキシー反応【呼吸困難、下痢・嘔吐、虚脱など】
  • 狂犬病予防注射を受けた後、混合ワクチン注射をする場合は、1週間以上の間隔をあけてください。
  • 混合ワクチン注射を受けた後、狂犬病予防注射をする場合は、4週間以上の間隔をあけてください。

当日、実施会場で狂犬病予防注射を受けることができないと判断された場合

実施会場にて獣医師が当日の飼い犬の状態を診て、狂犬病予防注射をすべきでないと判断する場合があります。

その場合は、後日、あらためて動物病院で獣医師の診察を受け、飼い犬の健康状態が回復した後、狂犬病予防注射を受けてください。

犬の健康上の理由などで狂犬病予防注射が受けられない場合

獣医師から犬の健康上の理由により、狂犬病予防注射が受けられないと診断された場合は、「狂犬病予防注射の猶予証明書」の交付を受け、「狂犬病予防注射の猶予証明書」と「狂犬病定期予防集合注射のお知らせ」ハガキを生活衛生課へお持ちになり、手続きをして下さい。

なお、猶予証明書の交付については、獣医師にお問い合わせください。

また、手続きのために保健所へ来られない飼い主の方は、下記の書類を保健所あて郵送してください。

郵送に必要な書類(コピー不可)

  1. 「狂犬病予防注射の猶予証明書」(猶予証明書はお返しできません。必要な方はコピーをとっておいて下さい。)
  2. 「狂犬病定期予防集合注射のお知らせ」ハガキを封筒に入れ、切手を貼り保健所宛に郵送してください。

定期予防集合注射会場以外で狂犬病予防注射を受ける場合

狂犬病予防注射は、区が実施する定期予防集合注射以外にも動物病院で受けることができます。

下記の動物病院では、狂犬病予防注射を接種し、その場で注射済票の交付を受け取ることができます(注射料金及び受付期間は、各動物病院で異なります)。

下記の動物病院以外で、狂犬病予防注射をする場合は、狂犬病予防注射を受けた後、動物病院で発行された注射済証と注射済票交付手数料(550円)を持参し、生活衛生課にて注射済票の交付を受けてください。

動物病院一覧(PDF:88KB)

問合せ先

〒135-0016江東区東陽2-1-1健康センター2階1番窓口

江東区保健所生活衛生課生活衛生係

電話3647-5844

FAX3615-7171

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?