ホーム > イベントカレンダー > 在宅医療シンポジウム『“がん”になっても住み慣れた地域で暮らすために』

ここから本文です。

更新日:2019年1月8日

在宅医療シンポジウム『“がん”になっても住み慣れた地域で暮らすために』

日本人の2人に1人が「がん」になると言われています。
しかし、がんになっても治療をしたり痛みをコントロールしながら住み慣れた自宅で暮らすことができます。
がん治療の今と、がんと共に暮らす在宅医療をご紹介するシンポジウムです。

講師として、がん研有明病院の医師である片岡明美先生と、
NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介された訪問看護師・秋山正子さんをお迎えします。

zaitaku

日時

  • 2019年1月20日(日曜日)13時30分

場所

江東区文化センター3階・レクホール(江東区東陽4-11-3)

対象・定員

対象:どなたでも
定員:200人

費用

無料

内容

1.講演『がんの治療と在宅医療』
〈講師〉片岡明美氏(がん研有明病院・乳腺センター・乳腺外科医長)
〈講師〉秋山正子氏(白十字訪問看護ステーション統括所長、暮らしの保健室室長、マギーズ東京センター長)

2.パネルディスカッション『がんと共に暮らす~自分らしく家ですごすために~』
〈コーディネーター〉秋山正子氏
〈パネリスト〉地域で活躍する医療・介護の関係者

締切日

【現在受付中!!】(定員に達し次第締め切ります)

申込方法

1.下記申込フォームよりお申込み
2.電話で江東区健康推進課がん対策・地域医療連携係(03-3647-5889)まで

お問い合わせ先

健康部(保健所)健康推進課がん対策・地域医療連携係
電話:03-3647-5889
FAX:03-3615-7171

お問い合わせ

健康部(保健所) 健康推進課 がん対策・地域医療連携係 窓口:01-09

郵便番号135-0016 東京都江東区東陽2-1-1

電話番号:03-3647-5889

ファックス:03-3615-7171

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?