ホーム > 健康・福祉 > 保健 > 計画・情報 > 江東区健康増進計画(平成26年度~平成30年度)

ここから本文です。

更新日:2017年2月24日

江東区健康増進計画(平成26年度~平成30年度)

江東区健康増進計画を策定しました

「豊かな生活感のある長寿社会の実現」「区民が主体となった健康寿命の延伸」という2つの総合目標を掲げ、平成16年3月に策定された『江東区健康プラン21』が、平成26年3月に最終年度を迎え終了いたしました。
江東区民健康意識調査を中心に各種事業実績等を用いて計画の評価を行ったところ、70%以上の項目が目標値を達成、あるいは現状値より改善しているという結果になりました。
また昭和大学江東豊洲病院の開院という成果を得る事が出来ましたが、いまだ江東区の健康寿命が東京都の平均に及ばないなど課題も残されています。
そこで、健康増進の事業を体系的・効率的に進めるために新たに策定したのが『江東区健康増進計画』です。
「食と健康」「がん対策」「歯と口の健康」「親子で健康づくり」の4分野に体系化し、健康増進の施策を実施していきます。

健康寿命とは?

一般に「寿命」というと人が生まれてから死ぬまでの間のことをいいます。この期間の平均値を「平均寿命」というのですが、これに対して「健康寿命」というのは寝たきりや認知症にならず高い生活の質をもっていきいきと過ごせる期間のことと定義されています。
日本は、みなさまご存知のように世界の中でも長寿国として知られています。これは、戦後の医療技術の進歩、生活環境の向上などに裏付けられたものです。しかし一方では、食生活の欧米化、ストレス社会、24時間不眠不休の時代という言葉に代表されるように、生活習慣が大きく変化してきました。その結果「生活習慣病」が増加し、要介護状態になられる方、不幸にも死にいたる方が増加しているのです。

生活習慣病とは?

「生活習慣病」の代表格としては「悪性新生物(がん)」があります。その他に「循環器疾患」の心疾患や脳血管疾患、「糖尿病」、それからあまりご存知ないかもしれませんが「歯周病」も「生活習慣病」です。これらは、好ましくない生活習慣が、小さな頃から長期間蓄積されて発病するもので、死因の多くを占めています。

問い合わせ先

健康部(保健所)健康推進課がん対策・地域医療連携係

電話番号:03-3647-5889

ファックス:03-3615-7171

 

関連ドキュメント

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?