ホーム > 区政情報 > 施策・計画 > その他の計画・取り組み等 > 江東区地域福祉計画の策定

ここから本文です。

更新日:2020年9月21日

江東区地域福祉計画の策定

  近年、高齢化や核家族化が進み、8050問題(※1)やダブルケア(※2)と言われる複雑で対応が難しい福祉課題が顕在化してきています。こうした現状を踏まえ、区では、人々が相互に支え合い、助け合いながら、住み慣れた地域で安心して暮らすことができる社会(地域共生社会)の実現を目指すこととしています。地域共生社会の実現に向けた取り組みとして、区では、江東区地域福祉計画の策定に向けた検討を進めています。

 ※1 80代の高齢の親と50代の中高年のひきこもりのこどもが同居し、様々な生活問題を抱えていること。

 ※2 親の介護と子育てなどに同時に直面すること。

地域福祉計画とは何でしょうか

 高齢者福祉とか、児童福祉という言葉は皆さん聞いたことがあると思いますが、「地域福祉」という言葉には耳慣れない方も多いかもしれません。区では、「地域福祉」とは、さまざまな困りごとを抱えながら日々生活している方々を、行政や地域の皆さんで支えたり、また、江東区をそのような活動が日常的にできる社会に変えたりしていくための取り組みだと考えています。「地域福祉計画」とは、まさに、このような取り組みを行っていくための計画です。 

位置づけ 区では、他にも福祉の計画を作っています。例えば高齢分野の「高齢者地域包括ケア計画」や障害分野の「障害者計画」などです。これらの分野ごとの計画と地域福祉計画は何が違うのでしょうか。

 地域福祉計画の根拠になっている社会福祉法では、地域福祉計画は既存の分野別計画の“上位計画”という位置づけになっています。上位計画とは、既存の計画に共通して関わってくるような事柄が書かれている計画という意味です。  

 例えば、ひきこもりや虐待等への対応、あるいは地域のつながりの仕組みなどは、高齢者の分野でも、こどもの分野でも同じように必要になるものです。これが共通して関わるものという意味で、統一した考え方で分野別計画を束ねるようなものです。

 

なぜ地域福祉計画を作るのでしょうか

 日本の社会は、核家族が一般的になったり、地域での結びつきが希薄になってきたりと、昔と大きく変わってきています。このような変化を背景にして、全国的に孤立死や虐待などの悲しい事件が起きています。また、よく行政の対応は縦割りと言われます。福祉の窓口も「高齢者」「障害者」「こども」などのように、「対象者ごと」「制度ごと」に分かれています。従って、例えば小さなお子さんを育てながら親の介護も抱えている場合など、いろいろな分野にまたがる複雑な問題の場合は、別々に相談しなければいけない、などの問題が生じています。あるいは、どこの窓口に相談に行けばいいか分かりにくいという問題もあると思います。

 現状では、このような社会の変化やさまざまな問題に対して必ずしもスムーズに対応ができていないと考えます。このような現状を変え、「誰一人取りこぼさない社会」を作りたいと願い、区が昨年度作った江東区長期計画(令和2~11年度)では、対象者別の縦割りを排し、既存制度の対象にならず十分な支援が行き届いていない方も含めて、生活上の困難を抱えるあらゆる方に対して総合的に支援を行うことを目指すことにしました。総合的な支援を行うためには、地域社会の結びつきが弱まり、縦割り行政になっている現在の状況のままでは限界があります。そこで、江東区長期計画では、今後の江東区のあるべき姿として、「行政内部の各部署のつながり」「地域社会のつながり」「行政と地域のつながり」という3つの面でのつながりを作ることを目指しています。

 「3つのつながり」を実現するための設計図が地域福祉計画です。江東区を誰一人取りこぼさない社会にしていくために、今地域福祉計画を作る必要があります。 

みんなで一緒に作りましょう

 地域福祉とは「みんなで支える」「地域を変えていく」取り組みです。このような取り組みの設計図である地域福祉計画を作るには、区民の皆さんと一緒に作っていく過程が大変重要になります。そのため皆さんのいろいろなご意見をお伺いし、それらを積極的に計画に取り込んでいきたいと思います。

 地域福祉計画で取り扱うのは、以下のような事項を想定しています。

・法や制度の対象とならない、いわゆる「制度のはざまの課題」への対応

・生活困窮者、社会的孤立状態にある方等、いろいろな分野にまたがる相談支援体制

・判断能力に不安がある方の権利擁護のあり方

・高齢者、障害者、児童に対する虐待への統一的な対応、家庭への支援のあり方

・地域住民等が集える拠点の整備や既存施設等の活用

・区役所の全庁的な連携体制の整備  など

 上記の例も参考に、「生活上の困難を抱えた方をみんなで支える」「江東区をそのような社会にかえていく」という視点から、①個人や家庭で抱える福祉の問題(又は地域や区全体の福祉の課題)について、②そのような問題を改善するためにどうすればいいか、についてご意見をお聴かせください。

 【募集期間】 9月21日(月)~10月14日(水)必着

 【意見提出方法】以下の関連ページ(募集フォーム)から必要事項を入力のうえご提出ください。

関連ページ

お問い合わせ

福祉部 福祉課 地域福祉計画担当 窓口:区役所3階1番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-4152

ファックス:03-3647-9186

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?