ホーム > 文化・観光・スポーツ > 文化・歴史 > 歴史・文化情報 > 渋沢栄一と江東区のつながり > 渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定への加盟

ここから本文です。

更新日:2021年2月9日

渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定への加盟

「日本資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一は、明治9年から12年間、深川福住町(現在の永代2丁目)に住み、旧深川区の区会議員(初代議長)及び深川区教育会会長を務めるなど江東区と深いつながりがあります。

今後、「渋沢栄一と江東区のつながり」を内外に発信するため、関係する自治体等と協力・連携することとし、令和3年1月、「渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定」に江東区が追加加盟しました。

協定内容(概要)

渋沢栄一の業績を顕彰するため、各加盟団体が多様な分野で包括的な連携と協働による事業を推進します。

加盟団体(8団体)

渋沢栄一記念財団、北区、東京商工会議所、深谷市、深谷商工会議所、ふかや市商工会、板橋区、江東区

加盟日

令和3年1月29日

 

お問い合わせ

地域振興部 文化観光課 観光推進係 窓口:区役所4階33番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-3312

ファックス:03-3647-8470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?