ホーム > くらし・地域 > 税金 > 税の納付 > モバイルレジでの納付

ここから本文です。

更新日:2018年5月8日

モバイルレジでの納付

モバイルレジの利用不可について

システムメンテナンスのため、以下の時間帯はご利用いただけません。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

定期休止期間

毎年1月1日 20時15分より 1月2日 5時45分まで

毎年6月、9月の第3日曜日 0時15分より5時45分まで

モバイルレジでの納付

モバイルレジとは、納付書に印字されているバーコードを携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影し、モバイルバンキングを利用して納付できるサービスです。コンビニや金融機関の窓口に出向くことなく、携帯電話などを使用して自宅や外出先で簡単に納付することができます。

※ご利用の際は、事前に金融機関へモバイルバンキングの申込みが必要です。
(申込み方法は、各金融機関にお問い合わせください)

モバイルレジ

※「モバイルレジ」は、株式会社NTTデータが提供するサービスです。
モバイルレジの詳細については、下記「関連リンク」の「モバイルレジのサイト」をご覧ください。

モバイルレジを利用して納付できる科目

  1. 特別区民税・都民税
  2. 軽自動車税
  3. 国民健康保険料
  4. 後期高齢者医療保険料
  5. 介護保険料
  6. 保育所保育料

利用できる金融機関

下記「関連リンク」のモバイルレジホームページ「地方公共団体の納付書に対応している金融機関一覧について」でご確認ください。

利用できる携帯電話

主に、NTTドコモ、au、SoftBankのカメラ付携帯電話やスマートフォンで利用できます。

その他のカメラ付携帯電話やスマートフォンで利用できるものもあります。
詳しくは、下記「関連リンク」のモバイルレジホームページ「利用可能な携帯電話の対応機種について」をご確認ください。

モバイルレジでの納付方法

  1. 利用したい金融機関にモバイルバンキングの利用申込みをします。
  2. 初回のみ携帯アプリをダウンロードします。
    ※「モバイルレジ」携帯サイトからダウンロードできます。
  3. 納付書を用意し、印字されているバーコードを携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影(又はバーコード機能で読み取り)します。
    モバイルレジ バーコード読み取りイメージ
  4. 表示された金額・内容を確認します。
  5. ご利用の金融機関を選択します。
  6. 選択した金融機関のモバイルバンキング画面へ自動で遷移するので、ガイダンスにしたがってお支払の操作を行います。
  7. お支払い完了です。

モバイルレジによる納付手続きのイメージ

モバイルレジによる納付手続きのイメージ

注意事項

  • 払込手数料は無料です。(パケット代などの通信料はご負担いただきます)
  • 領収書は発行されません。(取引明細、記帳でご確認ください)領収証書が必要な場合は、納付書裏面の「納めるところ」に記載されている窓口をご利用ください。
  • ご利用にあたっては、「なりすましサイト」やフィッシング詐欺などに十分ご注意下さい。
  • 次のような納付書は、モバイルレジでは納付できませんので、その他の支払方法をご利用ください。
    • バーコードが印字されていない納付書
    • 納付書1枚あたりの金額が30万円を超える納付書
    • 傷や汚れ等によりバーコードが読み取れない納付書

関連リンク

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?