ホーム > イベントカレンダー > 社会同和教育講座「東京で部落差別と向き合う」

ここから本文です。

更新日:2019年9月17日

社会同和教育講座「東京で部落差別と向き合う」

四国の被差別部落で生まれ育ち、大学進学のため東京に来た小野崎さん。
長年保育士として勤務、現在は大学で保育の担い手を育てています。多忙な勤務の傍ら、部落差別をなくす運動にも積極的に関わってきました。
東京では、「部落差別は西日本の問題で、関東の都会には関係ないでしょう?」と思われがち。また「昔の話で、今はもうなくなったのでは」との意見も耳にすることが多いです。そうなのでしょうか?小野崎さんは、東京にも部落差別があり、現在の問題だと、ご自身の体験で実感されました。
当事者の話を聞き、部落差別をなくすためにどうすればよいか、共に考えましょう。

2019年度第1回社会同和教育講座

2019年度第1回社会同和教育講座

日時

  • 2019年10月10日(木曜日)18時30分から2019年10月10日(木曜日)20時00分

場所

亀戸文化センター6階第3研修室(江東区亀戸2-19-1)

対象・定員

区内在住・在勤・在学の方30人(申込順)

費用

無料

講師

小野崎佳代さん(部落解放同盟荒川支部)

締切日

定員に達しない場合は、2019年10月10日(木曜日)午後5時まで

申込方法

9月17日(火曜日)午前9時から電話またはファックス、下記関連リンクの「社会同和教育講座申込みフォーム」からお申し込みください。

お問い合わせ

総務部 人権推進課 人権推進担当 窓口:区役所4階1番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-1164

ファックス:03-3647-9556

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?