ホーム > くらし・地域 > 人権・男女共同参画 > 男女共同参画の推進 > 男女共同参画のための広報紙「PalCato(パルカート)」 > 男女共同参画のためのマガジン「パルシティ江東通信」バックナンバー

ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

男女共同参画のためのマガジン「パルシティ江東通信」バックナンバー

vol.1「実は身近なところに!男女共同参画」

育児や家事に積極的な男性を表す「イクメン」や「カジダン」という言葉は、聞きなれた言葉ですね。

では、「イクウーメン」「カジジョ」という言葉を耳にしたことがありますか?聞きなれないのはなぜでしょうか?

身近な「家庭の役割意識」について、一緒に考えてみましょう。

vol.2「可能性を狭めていませんか?」

こども達は、「「男の子はこうあるべき。」「女の子らしく。」と、親や祖父母、学校やテレビなど、周囲の身近な環境から、知らず知らずのうちに刷り込まれながら成長しています。

こども達の興味や関心、可能性をわたしたち大人が性別によって勝手に狭めることなく、能力やスキルを発揮して、イキイキと活躍する社会を目指しましょう。

vol.3「オレンジ国建国記」

日本では今、「社会のあらゆる場面において2020年までに、指導的地位に女性が占める割合を少なくても30%にあげることを目標」に掲げています。

「オレンジ国」をどのような国にするかを話し合う「代表会議」の代表者100人について、考えてみましょう。

vol.4「テレビの世界」

毎日、何も意識をせずに観ているテレビの影響についてのお話です。

「男は仕事、女は家庭」という固定的な性別役割意識が根強いと、男が家事をすることは「普通ではない」ことです。

最近は、男性俳優が家事をしている場面が流れていますね。こうしたテレビを通して、「男も家事、女も仕事」がありだという意識の変化に影響を与え、観る人の生き方の選択肢をも広げます。

vol.5「DVって何?あなたはDVに気づくことができますか?」

DVとは、夫(妻)やパートナーなどの親密な関係にある人から、身体的暴力のみならず「精神的暴力」「経済的暴力」「社会的暴力」を受けることを言います。こうしたDVは、こどもにとっても心理的虐待に繋がります。

ご本人はもちろん、周囲の方も心配に感じたら、関係機関に相談してください。

関連ドキュメント

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部 男女共同参画推進センター 管理係

郵便番号135-0011 東京都江東区扇橋3-22-2

電話番号:03-5683-0341

ファックス:03-5683-0340

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?