ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和3年度 > 令和4年3月(プレスルーム) > 伝統と未来が息づく“江東区”の魅力を写真でご紹介♪

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2022年3月7日

伝統と未来が息づく“江東区”の魅力を写真でご紹介♪

「オンライン観光写真コンテスト2021」入賞作品展を開催中(3月25日まで)

 「魅力百様、江東区。オンライン観光写真コンテスト2021」の入賞作品が決定しました。3月25日(金曜日)まで区内3か所を巡回し、入賞作品を展示しています。

観光写真コンテスト2021入賞作品展

 江東区観光協会が主催する観光写真コンテストには毎年区内外から多くの応募があり、今年は応募総数359点の中から22点の入賞作品が決定しました。

 今回のテーマは「伝統・未来・水彩都市」。応募作品の中から江東区長賞に選ばれたのは、鈴木 信行さんが撮影した「大空に」。昨年開催された東京2020オリンピック競技大会の開会式当日、ブルーインパルスが隅田川上空の大空をキャンパスに“未来への希望の道”を描いているような作品が受賞しました。

観光写真コンテスト2021・区長賞

江東区長賞「大空に」撮影者:鈴木 信行さん

 江東区議会議長賞には、レインボーブリッジや都心のビル群の風景を運河越しに楽しめる“豊洲ぐるり公園”を撮影した作品「黄昏の時間」(撮影者:本田 誠さん)が選ばれ、ジョギングやサイクリング、釣りを楽しむ人のシルエットが逆光で黒く写し出され、黄昏色とのコントラストが美しい一枚となっています。

観光写真コンテスト2021・議長賞

江東区議会議長賞「黄昏の時間」撮影者:本田 誠さん

 そのほかの入賞作品も展示され、写真を通して伝統と未来が息づく“水彩都市・江東”の魅力を堪能できる作品展となっています。

 作品展を訪れた、写真が趣味という江戸川区在住の73歳男性は「江東区には写真スポットがたくさんあり、季節ごとに亀戸天神社や清澄庭園などに写真を撮りに来ます。入賞作品はどれも美しく、太陽の光のとらえ方などはとても勉強になります」と話していました。

 なお、今回のコンテストの入賞結果やすべての応募作品を以下の関連ページで紹介しています。

 

<入賞作品展>

  • カメリアプラザ2階展示ロビー(江東区亀戸2-19-1)

日時:2022年3月2日(水曜日)正午~3月8日(火曜日)午後4時

  • 江東区役所本庁2階(江東区東陽4-11-28)

日時:2022年3月10日(木曜日)午前9時~3月16日(水曜日)午後4時

  • 豊洲シビックセンター1階ギャラリー(江東区豊洲2-2-18)

日時:2022年3月22日(火曜日)正午~3月25日(金曜日)午後4時

 

<「魅力百様、江東区。オンライン観光写真コンテスト2021」に関する問い合わせ先>

江東区観光協会 電話:03-6458-7400 FAX:03-6458-7420 メール:photo-con@koto-kanko.jp

 

関連ページ:「魅力百様、江東区。オンライン観光写真コンテスト2021」サイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

政策経営部 広報広聴課 報道係 窓口:区役所2階22番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2363

ファックス:03-5634-7538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?