ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和3年度 > 令和3年9月(プレスルーム) > みんなで「KOTOフードマスター」をめざそう!

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2021年9月30日

みんなで「KOTOフードマスター」をめざそう!

江東区家庭料理検定を実施!10月から団体受験の受付スタート!

 昨年度に第1回目を開催し、好評だった「江東区家庭料理検定」を今年度も実施します。

 江東区家庭料理検定は、日本の食文化や食事に関する正しい知識の習得を目的に、女子栄養大学協力のもと、小中学生の家庭科の「食」の内容を基にした問題に、江東区独自の問題を加えて作り上げたものです。

 問題は、3つの分野(1.食生活と栄養分野(例題:おもに体の調子を整える働きがある栄養素はどちらですか)、2.調理と衛生分野(例題:砂糖の小さじ1の重さはどちらですか)、3.江東区ゆかりの問題(キーワード:江東区の伝統食・食育推進計画・豊洲市場等))から出題されます。

家庭料理検定-1

 令和3年度の検定は、団体もしくは個人での申し込みとなり、オンライン受検で令和4年1月7日(金曜日)から1月16日(日曜日)にかけて開催します(1月16日の個人受検に限り、会場での筆記受検も可能)。

 個人の区分の申し込みは8月から開始していましたが、10月1日(金曜日)からは団体受検の申し込みも始まります(個人・団体ともに締切は10月29日(金曜日))。

家庭料理検定-2

 昨年度、令和3年1月8日から1月17日の期間に実施された第1回目の検定では、あわせて2,791人(初級1,650人、中級1,141人)が受検し、2,731人が正解率6割以上で「KOTOフードマスター」と認定されました。さらに、9割以上正解の成績を修めた児童・生徒、満点をとった一般受検者614人には、「江東区長賞」の表彰状とフードマスターピンバッチが贈られました。

 検定に向けて、対策問題集・解説を区役所2階のこうとう情報ステーションや区内の図書館で配布しているほか、図書館では公式ガイド本の貸し出しも行っていますので、みんなで勉強してKOTOフードマスターをめざしましょう!

家庭料理検定-3

 区では、この検定のほかにも「食育標語の募集」や、「おいしいメニューコンクール」など、区民が食に関して必要な知識や選択力を習得し、家族間での食を通じたコミュニケーションの充実が図られるよう、食育事業を推進しています。10月1日(金曜日)から10月5日(火曜日)17時にかけては、食事と栄養について学べるオンライン講座を無料で配信しますので、どうぞご覧ください。

関連ページ

江東区食育標語の募集(別ウィンドウで開きます)
https://www.city.koto.lg.jp/260353/fukushi/hoken/eyo/syokuiku-hyougo.html

おいしいメニューコンクール(別ウィンドウで開きます)
https://www.city.koto.lg.jp/260353/fukushi/hoken/eyo/13391.html

食事と栄養について学べるオンライン講座(別ウィンドウで開きます) ※視聴可能期間は10月1日から5日17時まで
https://www.city.koto.lg.jp/260353/fukushi/hoken/eyo/event/51511.html

お問い合わせ

政策経営部 広報広聴課 報道係 窓口:区役所2階22番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2363

ファックス:03-5634-7538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?