ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和3年度 > 令和3年8月(プレスルーム) > みんなの想いを「江東区の火」に変えて

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2021年8月20日

みんなの想いを「江東区の火」に変えて

パラリンピック聖火リレーの採火式が行われました

採火式

 20日(金曜日)、東京2020パラリンピック競技大会の開会を前に、江東区文化センター(東陽4)で江東区の採火式が執り行われました。

 パラリンピックの聖火は、イギリスのストーク・マンデビルや日本国内880箇所を超える地点で採火が行われ、それらが開催地「東京」に集まり、一つの火として融合します。これは、国際パラリンピック委員会の理念である「パラリンピック聖火はみんなのものであり、パラリンピックを応援する全ての人の熱意が集まることで聖火を生み出す」を形にしたものとなっています。

採火式

 採火式に先立ち、様々な区民が利用する区内の3施設では、来館した区民の方々がパラリンピックの出場選手に向けてや、共生社会に対してのメッセージを木の短冊に記入し、約1,000件のメッセージが集まりました。

  • 城東地区 青少年交流プラザ(青少年)
  • 深川地区 障害者福祉センター(障害者)
  • 臨海地区 グランチャ東雲(高齢者・こども)

採火式

 想いを込めて寄せられた一つ一つのメッセージは、東京2020パラリンピック聖火リレーのコンセプトである「Share Your Light / あなたは、きっと、誰かの光だ。」を表すかのように明るい火に変わります。

 採火式では、榎本雄一江東区議会議長が集まったメッセージ・想いに火を灯し、やがて大きな炎へと形を変えました。

採火式

 その後、山﨑孝明江東区長がこの火をランタンに移し、これを「江東区の火」とすることを宣言しました。

 採火式終了後、「江東区の火」は同日行われる集火式会場へ運ばれ、全国各地から集まった火と融合し、パラリンピック聖火として8月24日(火曜日)から9月5日(日曜日)までの13日間開催される東京2020パラリンピックに出場する選手たちを暖かく見守ります。

採火式

お問い合わせ

オリンピック・パラリンピック推進室 オリンピック・パラリンピック推進課 事業推進係 窓口:区役所10階

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽4-11-28

電話番号:03-3647-4410

ファックス:03-3647-8459

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?