ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和元年度 > 令和元年10月(プレスルーム) > 「シニア世代のマンガ家たち」が考えるマンガの未来!おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」マンガ展が10月27日(日)まで開催中です(取材:10月18日)

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2019年10月18日

「シニア世代のマンガ家たち」が考えるマンガの未来!おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」マンガ展が10月27日(日)まで開催中です(取材:10月18日)

あなたも電子書籍デビュー♪電子書籍をテーマにしたマンガ展!

 森下文化センター(森下3)で、2008(平成20)年に復刊したマンガ同人誌「新つれづれ草」のメンバーが、復刊11年目にあたり新たな取り組みとして未来の同人誌の形を探る「新つれづれ草 電子書籍への道」マンガ展が10月27日(日)まで開催されています。

 会場では、マンガ同人誌「新つれづれ草」に参加しているメンバーの内、14名が持ち寄った原画30点が展示されています。

「シニア世代のマンガ家たち」が考えるマンガの未来!おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」マンガ展が10月27日(日)まで開催中です1

 各作品の説明文には二次元バーコードが記載され、気になる作品があれば、手持ちのスマートフォンなどでバーコードを読み込むことで、配信サイトでの試し読みができるようになっています。また、作品の展示だけではなく、電子書籍サービスの説明パネルも掲示されており、これまで電子書籍に対して、「難しそう」と感じて敬遠していた人とって、電子書籍デビューのきっかけとなりそうな展示内容となっています。

「シニア世代のマンガ家たち」が考えるマンガの未来!おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」マンガ展が10月27日(日)まで開催中です2

 「新つれづれ草」は、「団塊世代がおやじバンドを組むのならば、おやじマンガがあってもいいじゃないか」という発想の下、トキワ荘を中心に活躍した“マンガ第一世代”にあこがれてマンガ家を目指した“マンガ第二世代”と呼ばれる作家などによって制作されている同人誌です。会場では、コミックマーケットなどで販売されている、製本版の「新つれづれ草」も展示されており、巻を重ねていくごとに分厚くなっていく冊子から、作り手たちの熱気や楽しんでいる様子が伝わってくるようでした。

「シニア世代のマンガ家たち」が考えるマンガの未来!おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」マンガ展が10月27日(日)まで開催中です3

 展示では、同人誌向けに書き下ろされた作品だけではなく、『科学忍者隊ガッチャマンⅡ』や『ウルトラ兄弟物語』など、過去の作品が電子書籍として復刻された作品の原画も展示されており、訪れた人たちは「このマンガ、お兄さんが読んでいたわ」など、昔を懐かしみながら展示を楽しんでいました。

「シニア世代のマンガ家たち」が考えるマンガの未来!おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」マンガ展が10月27日(日)まで開催中です4 

 また、10月26日(土曜日)には「マンガの電子書籍化と、マンガの未来を考える。」をテーマに、マンガの作り手と読者双方に向けた、パネルディスカッション形式でのトークショーも企画されています。

 


【開催概要】
<おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」マンガ展>
期間:令和元年10月17日(木曜日)~10月27日(日曜日)
時間:9時~21時(最終日は17時まで)
会場:森下文化センター1階展示ロビー
料金:入場無料

<トークショー「マンガの電子書籍化とマンガの未来を考える」>
日時:令和元年10月26日(土曜日)15時開演(14時30分開場)
会場:森下文化センター4階AVホール
料金:入場無料。当日は直接会場へ。
定員:100名

 

【関連ページ】
森下文化センター 新つれづれ草マンガ展(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます) 

お問い合わせ

政策経営部 広報広聴課 報道係 窓口:区役所2階22番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2363

ファックス:03-5634-7538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?