ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和元年度 > 令和元年8月(プレスルーム) > 江東区役所産ハチミツに感激!「夏休み小学生養蜂教室」~ミツバチが地球温暖化防止などに貢献していることを学ぶ♪~(取材:8月23日)

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2019年8月23日

江東区役所産ハチミツに感激!「夏休み小学生養蜂教室」~ミツバチが地球温暖化防止などに貢献していることを学ぶ♪~(取材:8月23日)

初めての体験に小学生も興味津々!

 8月23日(金曜日)、区役所防災センター(東陽4)で「夏休み小学生養蜂教室」が開催されました。

江東区役所産ハチミツに感激!「夏休み小学生養蜂教室」~ミツバチが地球温暖化防止などに貢献していることを学ぶ♪~-1

 都市養蜂事業は、平成25年度の江東区職員等提案制度で、CIG(緑の中の都市づくり)の推進、都市の生態系の回復などを目的として提案され、最優秀賞を受賞し、23区の自治体で初めて、平成27年度から事業化しました。現在、官民連携のもとNPO法人江東区ハニービー・プロジェクト(以下、ハニービー・プロジェクト)が引き継ぎ、区役所防災センター屋上で飼育されているミツバチを通じた地域の活性化を行っています。

 今回の教室は、ハニービー・プロジェクトと温暖化対策課との共催で、親子14組28名が参加し、講師から、ハチミツのできる過程、ミツバチの働き、都市の緑化や地球温暖化防止へ貢献していることなどの説明を受けながら、ミツバチに対する関心を高めていました。

江東区役所産ハチミツに感激!「夏休み小学生養蜂教室」~ミツバチが地球温暖化防止などに貢献していることを学ぶ♪~-2

 特に小学生が興味津々だったのが、遠心分離機でハチミツをしぼる場面。実際に参加した方たちが、遠心分離機を使ってハチミツをしぼる作業を体験すると、参加者からは「すごい良い匂い」という声が飛び交いました。その後、取り出したハチミツは、その場で瓶に詰められ、自分たちでラべリングしたものを持ち帰ることができ、子供たちにとって夏休みのいい思い出となりました。

江東区役所産ハチミツに感激!「夏休み小学生養蜂教室」~ミツバチが地球温暖化防止などに貢献していることを学ぶ♪~-3

江東区役所産ハチミツに感激!「夏休み小学生養蜂教室」~ミツバチが地球温暖化防止などに貢献していることを学ぶ♪~-4 江東区役所産ハチミツに感激!「夏休み小学生養蜂教室」~ミツバチが地球温暖化防止などに貢献していることを学ぶ♪~-5

 教室に参加した高橋憲人(タカハシノリト)君(9歳)は、「ミツバチのことを沢山知れてよかった。遠心分離機を回してハチミツをしぼるのが楽しかった。」と笑顔で話していました。

 今回、教室を主催したハニービー・プロジェクト理事長の吉川さんは今後の展望について、「区内のお店とのコラボレーションをスタートさせ、ハチミツを使った新商品を開発しています。この事業を軌道に乗せ、江東区の名産品としてオリンピック・パラリンピックまでに定着させたい。」と力強く話していました。

 なお、今回参加した方が持ち帰ったハチミツと同様のものが、手作りショップるーくる(区役所本庁舎2階)で販売されます。

江東区役所産ハチミツに感激!「夏休み小学生養蜂教室」~ミツバチが地球温暖化防止などに貢献していることを学ぶ♪~-6

 

【概要】

・商品名 「国産はちみつ」

・販売内容・価格 1瓶50g入り500円(税込)

・販売時期 令和元年度は10月3日(木曜日)から約4000個販売

お問い合わせ

政策経営部

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2363

ファックス:03-5634-7538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?