ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和元年度 > 令和元年8月(プレスルーム) > 慰霊と平和を祈り約2400個の灯篭を献灯「第21回 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し」(取材:8月15日)

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2019年8月15日

慰霊と平和を祈り約2400個の灯篭を献灯「第21回 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し」(取材:8月15日)

終戦の日の夜、人々の祈りが旧中川を彩る

 毎年、終戦記念日にあわせて開催されている「旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し」が、今年も行われました。

 この灯篭流しは、平成6年12月に、旧中川を挟んだ亀戸地区と江戸川区平井地区を結ぶ「ふれあい橋」が架橋されたことをきっかけに両地区の住民が交流を深め、東京大空襲の犠牲者追悼と、戦争体験を次代に語り継ぐことを目的に、毎年開催されています。

慰霊と平和を祈り約2400個の灯篭を献灯「第21回 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯篭流し」(取材:8月15日)1 

 74回目の終戦記念日を迎えた8月15日(木曜日)午後6時30分、亀戸9丁目と江戸川区平井3丁目を結ぶ旧中川・ふれあい橋上で、「第21回 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯籠流し」の式典が開会しました。

 主催者の挨拶に続いて、来賓として招かれた江東・江戸川両区長が挨拶し、その後出席者全員で1分間の黙祷が行われました。

 

 日もすっかり暮れた午後7時ごろ、「慰霊」や「平和」、「争いのない平和な世界になりますように」といった祈りの言葉が書かれた灯籠約2400挺が、訪れた約4000人の人たちの手で、次々と旧中川に静かに流されていきました。

慰霊と平和を祈り約2400個の灯篭を献灯「第21回 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯篭流し」(取材:8月15日)2 慰霊と平和を祈り約2400個の灯篭を献灯「第21回 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯篭流し」(取材:8月15日)3

 毎年夫婦で訪れるという近所に住む69歳の男性は、灯籠を流し終えた後、「毎年この灯籠流しをきっかけに慰霊の気持ちを新たにする。語り部が減っているからこそ、昔の人々の無念さを感じ、こうしてにこやかに笑っていられる今に感謝したい」と話していました。

 また、「戦争がなくなるようにとの思いを込めて灯籠に絵を描いた」と話していた小学校5年の松井 愛桜(まつい あいら)さんは、絵と「令和を平和な時代に」のメッセージが書かれた灯籠を流し、平和への思いを胸に刻んでいました。

 慰霊と平和を祈り約2400個の灯篭を献灯「第21回 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯篭流し」(取材:8月15日)4

 30分もすると、訪れた人たちの願いが込められた灯籠が旧中川いっぱいに輝き、終戦の日の夜を彩っていました。

慰霊と平和を祈り約2400個の灯篭を献灯「第21回 旧中川東京大空襲犠牲者慰霊灯篭流し」(取材:8月15日)5 

お問い合わせ

政策経営部 広報広聴課 報道係 窓口:区役所2階22番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2363

ファックス:03-5634-7538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?