ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和元年度 > 令和元年8月(プレスルーム) > 「夏休みこども映画教室」開講中!こどもたちが映画制作に取り組んでいます!

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2019年8月5日

「夏休みこども映画教室」開講中!こどもたちが映画制作に取り組んでいます!

映画監督の指導のもと、監督・撮影・役者を分担してオリジナル作品づくり♪

 古石場文化センター(古石場2)で、「夏休みこども映画教室」が開講しており、こどもたちによる映画制作が行われています。

 この講座は、講師である映画監督の板屋 宏幸(いたや ひろゆき)氏のもと、こどもたちが監督・撮影・役者を分担し、オリジナルストーリーの映画作りを行うという内容で、小学校4年生から中学校1年生までの20名が参加しています。7月29日(月曜日)には、初回のオリエンテーションとシナリオ作りが行われ、取材日の8月5日(月曜日)はプログラム2日目として、撮影が行われました。

「夏休みこども映画教室」開講中!こどもたちが映画制作に取り組んでいます!2

 午前9時30分、集合したこどもたちは板屋氏から「たった一日だけの撮影日。みんなで協力して集中して取り組もう」と声をかけられ、それぞれの作業に取り掛かりました。こどもたちは、前回のオリエンテーションが初対面だったとは思えないほど打ち解けており、チームワークたっぷりに撮影が進んでいました。

「夏休みこども映画教室」開講中!こどもたちが映画制作に取り組んでいます!1

 作品のストーリーは、「仲良しグループのこどもたちが、古石場文化センターに肝試しに行き、不思議な体験をする」というもので、おばけ役を務める4人の男の子たちは、和気あいあいとした様子で、自分たちが作った衣装に着替えていました。

 衣装への着替えが終わると、小学校4年生の根津 こころ(ねづ こころ)さんが、順番にメイクを施していました。このメイクの仕事は、本来予定になく、根津さんのアイデアで盛り込まれたといい、「すぐ絵の具が乾いてしまって難しかったけれど、出来映えには自信があります」と笑顔で話していました。

 「夏休みこども映画教室」開講中!こどもたちが映画制作に取り組んでいます!3

 こどもたちにカメラの使い方などを指導をしていた撮影スタッフの久保田さんは、「教えている感じがしないほど、みんな上手です。映画に限らず創作するということの楽しさを知ってほしい」と話していました。

「夏休みこども映画教室」開講中!こどもたちが映画制作に取り組んでいます!4

 主役の「ふるいしくん(古石場文化センターのキャラクター)」を務める小学校4年の太田 智寛(おおた ちひろ)くんは、「講座への参加が決まったときは、映画作りなんてできるだろうかと不安だったが、友達が出来て自信がついた。主人公らしく演じきりたい」と意気込みを力強く話していました。

 

 講師の板屋氏に撮影の手ごたえを伺うと、「こどもたちの主体性に任せています。順調です」と、こどもたちに負けない、わくわくした表情で話していました。

 本日撮影した映像は、8月6日(火曜日)のプログラム3日目として編集作業の後、参加者たちのみで行われる上映会で上映されるほか、10月27日(日曜日)の「こども映画祭」と12月14日(土曜日)・15日(日曜日)の「江東シネマフェスティバル」でも、一般の方に向けて上映される予定となっています。

「夏休みこども映画教室」開講中!こどもたちが映画制作に取り組んでいます!5

お問い合わせ

政策経営部 広報広聴課 報道係 窓口:区役所2階22番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2363

ファックス:03-5634-7538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?