ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和元年度 > 令和元年5月(プレスルーム) > 豊住公園で区民ボランティアの方が育てたバラが見ごろとなりました♪(取材:5月9日)

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2019年5月9日

豊住公園で区民ボランティアの方が育てたバラが見ごろとなりました♪(取材:5月9日)

手入れの行き届いた花壇が色とりどりの花をつけています!

大門(おおもん)通りに面した豊住公園(東陽6)東側にある花壇(370平方メートル)で、区民ボランティア団体「豊住ローズパティオ」が育てているバラが見ごろを迎えています。

豊住公園でバラが見ごろとなりました1

この花壇では、区が同公園をバラの名所にしようと、1997年から植栽を始めたもので、99年からは、豊住ローズパティオが一年を通じ、水やりや草取り、剪定などの手入れを行っており、約20種・160株だったバラは、現在では約80種・180株まで増え、来園者や大門通りの通行者の目を楽しませています。

豊住公園でバラが見ごろとなりました2

ここ最近の気候の暖かさや新しい土を入れたことが影響し、今年は例年より2週間ほど早く開花し始め、今が見ごろとなっています。蕾を大きく膨らましているものも多くあり、再来週いっぱい(5月26日くらいまで)は色とりどりのバラを楽しむことができそうです。

豊住公園でバラが見ごろとなりました3

植えられたバラの根元には品種名の札が設置されており、品種名とともにバラの花を楽しむことができるようになっています。毎年、品種改良によって次々と新しい品種が生まれており、目を引くような赤い花が特徴の「オリンピックファイヤー」や真っ白な花を咲かせる「ジョンエフケネディ」など、特徴的な品種名もあわせて花を楽しむことができそうです。

豊住公園でバラが見ごろとなりました4  豊住公園でバラが見ごろとなりました5

通行者が「きれいに咲いていますね。写真をとってもいいですか」と手入れを行っている豊住ローズパティオのメンバーに声をかけると、嬉しそうに花の説明をしていました。豊住ローズパティオ代表の大野 節子(おおの せつこ)さん(70歳)は、「私たちはバラが好きなので、見て楽しんでもらうことが私たちの力になっています」と楽しそうに話していました。

豊住公園でバラが見ごろとなりました6

お問い合わせ

土木部 施設保全課 庶務係

郵便番号135-0042 東京都江東区木場2-11-1

電話番号:03-3642-5099

ファックス:03-3642-4748

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?