ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 令和元年度 > 平成31年4月(プレスルーム) > 古石場川親水公園「牡丹園」のボタンが今年も大輪の花をつけています(取材:4月27日)

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2019年4月27日

古石場川親水公園「牡丹園」のボタンが今年も大輪の花をつけています(取材:4月27日)

水辺に咲く大輪のボタンが楽しめる散歩道

古石場川親水公園内の牡丹園(牡丹1)では、今年もボタンが大輪の花を咲かせています。取材日には最大で直径25センチの花が咲いており、園内の色とりどりのボタンが来園者の目を楽しませていました。

古石場川親水公園「牡丹園」のボタン1

 

この牡丹園は、古石場川親水公園内の西側にある古石場橋のたもとに位置し、広さは570平方メートル、45種・約300株のボタンを楽しむことができます。淡い紫色の花を咲かす「紫雲閣(しうんかく)」や純白色の「島根連鶴(しまねれんかく)」、深紅色の「春興殿(しゅんこうでん)」が植えられており、訪れた人々の目を楽しませています。

古石場川親水公園「牡丹園」のボタン2

同園近くの富岡八幡宮(富岡1)には、かつて牡丹園があり、文政10年(1827年)発行の『江戸名所花暦』には「この園中牡丹盛りの頃は、日覆、障子をかけ渡し、綺麗なり」と紹介され、ボタンの季節には多くの観光客が訪れたとされています。

古石場川親水公園「牡丹園」のボタン3

また、同園内の看板では、【この付近にはボタンを栽培する屋敷が多かったことから、明治2年に“深川牡丹町”と名付けられた】という地名の由来が紹介されており、「このあたりは昔からボタンが咲いているのですね」とボタンを写真に収めながら、かつての風景を想像している人もいました。

 

こども連れで訪れていた30代の女性は、「早咲きの品種もあれば、まだつぼみのものもあるので、もうしばらくはお花を楽しむことができそうですね」と散歩を楽しんでいました。

古石場川親水公園「牡丹園」のボタン4 古石場川親水公園「牡丹園」のボタン5

 

お問い合わせ

土木部 施設保全課 水辺と緑の事務所

郵便番号135-0052 東京都江東区潮見1丁目2番1号

電話番号:03-5683-5581

ファックス:03-5683-5585

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?