ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 平成30年度 > 平成30年10月(プレスルーム) > 森下文化センターでマンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中!(10月28日まで)

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2018年10月24日

森下文化センターでマンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中!(10月28日まで)

マンガ同人誌「新つれづれ草」の10年間に掲載された作品やその原画など39点!

 森下文化センター(森下3)で、平成20年(2008年)にマンガ同人誌「新つれづれ草」が復刊して10周年を記念した、マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展が、10月28日(日曜日)まで開催されています。

 この複製原画展は、昭和42年(1967年)から約3年存在していた肉筆回覧マンガ同人誌「つれづれ草」が、おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」として復刊されて10年を迎えたことを記念して、田河水泡・のらくろ館が併設され、マンガにゆかりのある森下文化センターで開催することになりました。

 会場には、平成20年(2008年)12月に東京ビッグサイトで開催されたコミックマーケットにあわせて、「新つれづれ草」として約40年ぶりに復刊した第1号から、今年8月に復刊10周年記念号として発行された第15号までの、各号の作品や原画・複製原画の一部が展示されています。各号の発行までの経緯や企画内容、参加した漫画家や作品の紹介などの解説もあわせて用意されており、復刊してから10年のあゆみを振り返り、これまでの変遷を追うことができます。

マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(「新つれづれ草」復刊第1号) マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(「新つれづれ草」復刊10周年記念号 第15号)

 特に、最新号である第15号については、その号で掲載している全19作品の原画や写真を取り揃えています。仲尾佳氏の「あんこう物語」や、リッキー谷内氏の「ワンくん バーチャルコインの巻」など、懐かしいと感じるタッチで描かれた漫画の原画がずらりと並んでおり、各作品の一部を間近で観ることができます。

マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(仲尾佳「あんこう物語」) マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(リッキー谷内「ワンくん バーチャルコインの巻」) マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(片岡三果「新つれづれ草10thおめでとうございます」)

 約50年前に肉筆回覧マンガ同人誌「つれづれ草」が創刊された当時の思い出から、10年前、おやじマンガ同人誌「新つれづれ草」として復刊した思い、「新つれづれ草」の今日まで10年間の軌跡を堪能することができる展示となっています。

マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(「つれづれ草」展示物) マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(「新つれづれ草」第1号) マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(「新つれづれ草」復刊第1号)

 会場内には「つれづれ草」や「新つれづれ草」が読めるスペースもあります。また、今回の展示の開催を記念して、10月27日(土曜日)にトークパーティー「感謝のつどい」が森下文化センターで行われます。

マンガ同人誌「新つれづれ草」第15号発行 復刊10周年記念原画展 開催中(会場全体)

 

会場:江東区森下文化センター 1階展示ロビー
住所:江東区森下3-12-17
展示期間:10月28日(日曜日)まで
開館時間:午前9時から午後9時まで(最終日は午後5時まで)
入場:無料

【関連ページ】江東区森下文化センター(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

政策経営部 広報広聴課 報道係 窓口:02-22

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-2363

ファックス:03-5634-7538

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?