ホーム > 区政情報 > 広報 > プレスルーム > 平成30年度 > 平成30年4月(プレスルーム) > 古石場川親水公園「牡丹園」のボタンが見頃を迎えています(取材:4月16日)

ここから本文です。

プレスルーム

報道発表資料

発表日:2018年4月18日

古石場川親水公園「牡丹園」のボタンが見頃を迎えています(取材:4月16日)

 大輪の花が可憐に咲き誇る♪

 古石場川親水公園内の牡丹園(牡丹1)で、ボタンが見頃を迎え、花の直径15~18センチのピンク色や純白色の美しい大輪が散歩客の目を楽しませています。

古石場川親水公園のボタン2

 古石場川親水公園内の西側、古石場橋のたもとに広がる牡丹園(570平方メートル)には、45種、381株のボタンが植えられており、淡い紫色の花を咲かす「紫雲閣(しうんかく)」や純白色の「島根連鶴(しまねれんかく)」、深紅色の「春興殿(しゅんこうでん)」が美しく咲き誇り、同園内はボタンの甘い香りで満たされていました。

古石場川親水公園のボタン3

 また、淡いピンク色の花を咲かす「八千代椿(やちよつばき)」など、多くの品種が蕾を大きく膨らませており、4月いっぱいまで楽しむことができそうです。好天に恵まれた取材日には、同園を訪れた散歩客の多くが足を止め、デジタルカメラや携帯電話で熱心に色鮮やかなボタンを撮影していました。

古石場川親水公園のボタン4

 散歩で同園を訪れた60代の女性は「古石場川親水公園は、歩道も整備され水辺をノンビリ散歩できるので、よく訪れます。大輪の花は可憐で、甘い香りに癒されますね」と笑顔で語っていました。

古石場川親水公園のボタン5

 この付近は、ボタンを栽培する屋敷が多かったことから明治2年「深川牡丹町」と名付けられ、同園近くの富岡八幡宮(富岡1)には、かつて牡丹園があり、文政10年(1827年)発行の「江戸名所花暦」に「この園中牡丹盛りの頃は、日覆、障子をかけ渡し、綺麗なり」と紹介され、ボタンの季節には多くの観光客が訪れたそうです。  

古石場川親水公園のボタン1

 

関連ページ 

お問い合わせ

土木部 施設保全課 水辺と緑の事務所

郵便番号135-0052 東京都江東区潮見1丁目2番1号

電話番号:03-5683-5581

ファックス:03-5683-5585

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?