平成28年度(成人対象)風しん抗体検査・風しんMR予防接種費用を全額助成

健康部(保健所) 保健予防課 感染症対策係    電話:03-3647-5879    メール送信
最終更新日:2016年04月28日 17時27分
 妊娠早期に「風しん」に感染すると、産まれてくるお子さんが「先天性風しん症候群(CRS)」に罹患する可能性が高いため、区では、厚生労働省が予防接種を推奨する低い風しん抗体価(以下、関連ドキュメントをご覧ください)で、これから妊娠を予定されている女性を対象に「風しん予防接種費用全額助成(無料接種)」を実施しています。


◎先天性風しん症候群とは
 風しんに対する免疫を持たない女性が、妊娠中(特に妊娠初期)に風しんに感染すると、胎児が白内障、先天性心疾患、難聴のほか、精神運動発達遅滞等をおもな症状とする先天性疾患にかかるおそれがあります。
 このうち、白内障や心疾患は手術で治療することが可能ですが、難聴等は治療が難しく、胎内感染を避けることが何よりも重要です。

◎女性への注意事項
●現在、妊娠している方、またはその可能性がある方は、予防接種を受けられません
●出産後、または妊娠していないことが確認された後、適切な時期に予防接種を受けてください
●予防接種後2か月間は、妊娠を避けることが必要です



1 成人風しん抗体検査
 以下の方を対象に、風しん抗体価の検査(採血)を実施しています。
(1)対象者
① 19歳から49歳までの女性で妊娠を予定または希望する区民の方
② 上記①の女性の配偶者等、同居者等(ただし19歳以上)
③ 風しん抗体価が低い妊婦の配偶者等、同居者等(ただし19歳以上)
※上記対象者のうち、一年以内に区の費用助成により抗体検査及び予防接種を受けている方は対象外です。

(2)対象者の確認(持参するもの)
●現住所、年齢の確認できるもの(保険証や運転免許証など)

(3)検査方法(流れ)
①江東区協力医療機関に電話予約
②予約日時に医療機関へ行き、2の確認書類を提示
③医療機関に備えてある「検査申込書」を受領し、必要事項を記入のうえ提出
④検査(採血)
⑤後日、医師により検査結果の説明
※検査により予防接種を推奨する低い風しん抗体価の女性は、予防接種の申し込みができます。

2 風しん予防接種
(1)助成対象者
●妊娠を予定または希望する19歳から49歳までの女性で、厚生労働省が予防接種を推奨する低い風しん抗体価の方

(2)対象者の確認(持参するもの)
●現住所、年齢の確認できるもの(保険証や運転免許証など)
●厚生労働省が予防接種を推奨する低い風しん抗体価だと確認できるもの(抗体価を記載した検査結果など)
 ⇒「予防接種が推奨される風しん抗体価について(平成26年2月厚生労働省)」
 検査方法 予防接種を推奨する抗体価
 ●HI法  16倍 以下
 ●EIA法   8 未満
※19歳で未婚の方は保護者の同意が必要です。以下、関連ドキュメントの「同意書」に記入のうえ、協力医療機関へお持ちください

(3)接種方法(流れ)
①風しん抗体価の確認・検査
②江東区協力医療機関に電話予約(接種日時、ワクチンの種類等)
③予約日時に医療機関へ行き、2の確認書類を提示する
④医療機関に備えてある「予診票」を受領し、必要事項を記入のうえ提出
 ※19歳で未婚の方は、江東区ホームページ等で入手した「保護者の方へ(同意書)」に保護者が署名のうえ提出してください。
⑤医師の問診(判定)
⑥予防ワクチンの接種

(4)接種ワクチン
●風しん単抗原ワクチン
●麻しん・風しん混合(MR)ワクチン

3 助成期間
 平成28年4月1日~平成29年3月31日

4 実施場所
 江東区協力医療機関(以下、関連ドキュメントをご覧ください)
 ※協力医療機関以外での検査、予防接種は助成の対象になりませんのでご注意ください。
  (償還払いもしておりません)

5 助成内容
 協力医療機関での抗体検査と予防接種費用を全額助成(自己負担なし)


関連ドキュメント

Adobe ReaderのダウンロードPDF書類をご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
左のアイコンをクリックし無料配布されているAdobe Readerをダウンロード、インストールしてください。
トップページ >  トピックス一覧 >  保健・衛生 >  平成28年度(成人対象)風しん抗体検査・風しんMR予防接種費用を全額助成

ホームページ内一覧と外国語ページへのリンク

このサイトについて | 更新履歴 | サイトマップ | プライバシー | 著作権・リンク
〒135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28 江東区役所 電話:03-3647-9111(代表)
江東区役所への行き方