住民基本台帳カード(住基カード)

区民部 区民課 住民記録係  窓口:02-03  電話:03-3647-3162    メール送信
最終更新日:2016年05月06日 09時07分

住民基本台帳カード(住基カード)について

◆◆◆住民基本台帳カードの発行は平成27年12月28日をもって終了しました。◆◆◆
平成28年1月からのマイナンバーカード(個人番号カード)発行開始に伴い、住民基本台帳カードの発行が終了しました。現在、住民基本台帳カードをお持ちの方やこれから公的な身分証明書や電子証明書の取得をお考えの方は、以下①~⑤および下表をご参照ください。

①住民基本台帳カードに代わるものとしてマイナンバーカードの発行が開始されます。
平成28年1月以降、住民基本台帳カードに代わるものとしてマイナンバーカードが希望者の申請に基づき、発行されます。マイナンバーカードは住民基本台帳カードの機能に加えて、今後のサービス拡大が予定されています。

②平成28年1月以降は住民基本台帳カードの発行は行いません。
マイナンバーカードの交付開始に伴い、住民基本台帳カードの発行は平成27年12月28日をもって終了しました。今後、住民基本台帳カードの発行は再発行を含め、できなくなります。あらかじめご了承ください。

③マイナンバーカードの発行を希望した場合には、住民基本台帳カードを廃止・回収します。
住民基本台帳カードとマイナンバーカードを両方、所有することはできません。マイナンバーカードを発行する際に住民基本台帳カードをお持ちの場合は廃止・回収します。

④住民基本台帳カードは平成28年1月以降も有効期間まではそのままお使いになれます。
これまでに発行した住民基本台帳カードは、有効期間まではそのままお使いになれます。住民基本台帳カードの利用目的によってはすぐにマイナンバーカードに切り替える必要はありません。

⑤マイナンバーカードには電子証明書が標準搭載されます。
マイナンバーカードには、各種行政手続きの電子申請等で利用できる電子証明書が標準搭載されます。これに伴い、住民基本台帳カード向け電子証明書の発行は平成27年12月22日をもって終了しました。今後、住民基本台帳カードには電子証明書の発行(※更新も含む)ができなくなり、希望する方はマイナンバーカードを申請していただくことになります。あらかじめご了承ください。

住民基本台帳カード(住基カード)とマイナンバーカード(個人番号カード)
  住民基本台帳カード(住基カード) マイナンバーカード(個人番号カード)
様式 ・顔写真あり/顔写真なし(選択制)
・住民票コードの記載なし
・顔写真あり
・個人番号の記載あり
申請方法 来庁若しくは郵送 郵送やインターネット申請等
受取方法 来庁 来庁等
手数料 500円 初回発行手数料無料
電子証明書 ・希望者は別途申請が必要(手数料500円)
・有効期間は発行日から3年間
・標準搭載のため、手続き不要
・有効期間は発行日から5回目の誕生日まで
発行期間 平成27年12月28日まで
※電子証明書の発行は平成27年12月22日まで
平成28年1月から
有効期間
(カード本体)
発行から10年間
※外国人の方で在留期間のある方は在留期間の満了日まで
発行日から10回目の誕生日まで
※20歳未満の方は5回目の誕生日まで
※外国人の方は在留期間の更新に伴い、有効期限の更新ができます。
主な利用用途 ・公的な身分証明書
・証明書自動交付機での住民票等の取得
・各種行政手続きの電子申請(e-Taxなど)
・公的な身分証明書
・コンビニエンスストアでの住民票等の取得
・各種行政手続きの電子申請(e-Taxなど)
・個人番号を証明する書類
・民間部門での電子申請・取引(予定)

*マイナンバーカードの申請方法や手数料、利用用途等は今後、変更になることがあります。
*マイナンバーカードは平成28年1月以降発行が始まりますが、すぐには受け取れない場合があります。
*マイナンバーカードについて詳しくは、下記外部サイトより確認ができますので、ご利用ください。

マイナンバーカード総合サイト(こちらをクリック※携帯電話・スマートフォンでご覧頂いている方は、関連リンクよりご確認ください。)


住民基本台帳カード見本

住民基本台帳カード(写真なし)
顔写真なし 住民基本台帳カード(Aバージョン)
氏名・有効期間が記載されます。
*外国人住民の方は、氏名・通称(住民票に通称名が記載されている方に限ります)が記載されます。
*公的な身分証明書としては使用できません。

住民基本台帳カード(写真つき)
顔写真あり 住民基本台帳カード(Bバージョン) 
顔写真・生年月日(※1)・性別・氏名(※2)・住所・有効期間が記載されます。                    
(※1)生年月日は、日本国籍の方は和暦で記載され、外国人住民の方は西暦で記載されます。   
(※2)氏名は外国人住民の方について、氏名と通称(住民票に通称が記載されている方に限ります)が記載されます。

*公的な身分証明書としてお使いいただけます。
 ※住民基本台帳カードを本人確認書類として取り扱うかどうかは、最終的には各事業者側の判断となりますので、一部の事業者では利用できない場合があります。

住民基本台帳カードの利用方法

住民基本台帳カードは以下のとおり利用できます。

・江東区以外の区市町村の窓口でも、住民票の写しを受取ることができます。(住民票の写しの広域交付)
・転入届の特例による転出届を行うことにより、引越時の手続き(異動の手続き)で区市町村の窓口に出向くのは、引越先の一度のみですむようになります。
・カード内に記録されている住民票コードにより、住基ネットでの本人確認に利用できます。
・顔写真ありの住民基本台帳カードは、公的な身分証明書として利用できます。
  ※住民基本台帳カードを本人確認書類として取り扱うかどうかは、最終的には各事業者側の判断となりますので、一部の事業者では利用できない場合があります。
・住民基本台帳カードに有効な電子証明書がついている方は有効期間内に限り、所得税や消費税などの国税申告(e‐tax)等の電子申請が利用できます。
  ※住民基本台帳カード向け電子証明書の発行は平成27年12月22日をもって終了しました。詳しくは関連ページをご覧ください。

・希望する方は自動交付機が利用できる利用登録を行います。(登録料は無料)
なお、証明書自動交付機カード(青い夜景写真のカード)をお持ちの方は、住民基本台帳カード申請時にお返しください。証明書自動交付機カードと住民基本台帳カードの二つを、お持ちいただくことはできません。


自動交付機の利用登録について(希望する方のみ)

希望する方には、追加の機能として自動交付機が利用できるように無料で利用登録を行っています。

※成年被後見人・15歳未満の方は登録ができません。

●新規で住民基本台帳カードのご申請をされる方
 申請の際にお申し出ください。
 住民基本台帳カード発行時に利用登録の機能を付けてお渡しします。

●すでに住民基本台帳カードをお持ちの方
 住民基本台帳カード本体の暗証番号(4桁)を照合していただくことで、即日で登録ができます。
  受付場所   ①区民課住民記録係(区役所本庁舎2階3番窓口)
           ②区内7箇所ある出張所・豊洲特別出張所
  必要なもの  住民基本台帳カード
  手数料     無料

・証明書自動交付機カード(青い夜景写真のカード)をお持ちの方は、住民基本台帳カード申請時にお返しください。証明書自動交付機カードと住民基本台帳カードの二つを、お持ちいただくことはできません。


住基カードを受け取ったあとの注意

◆次の場合は、すみやかに届出してください。
 受付場所:区民課住民記録係(区役所本庁舎2階3番窓口)および区内7箇所ある出張所・豊洲特別出張所
・住民基本台帳カードをなくした場合
・住民基本台帳カードを盗まれた場合
・なくした住民基本台帳カードが見つかった場合
・住民基本台帳カードが著しく汚れ、券面に印刷された事項が判読できなくなった場合
・暗証番号を変更したい場合
・暗証番号を忘れた場合
・暗証番号を3回間違えて、カードが使用できなくなった場合

◆住民基本台帳カード表面記載事項の変更について
氏名の変更や、住所を変更した場合、カード裏面に記載します。
※カード裏面は何も記入しないでください。

◆次の場合は、住基カードをお返しください。
・平成28年1月以降、マイナンバーカードの発行を受けた場合
・住民基本台帳カードが不要になった場合
・有効期限切れの住民基本台帳カードをお持ちの場合
・国外へ転出した場合
・住民票コードを変更した場合

◆有効期間は日本国籍を有する方・永住者・特別永住者の方は10年間
 中長期在留資格者は申請日現在の在留資格満了日です。

*江東区から転出しても、原則、転入先の住民登録地でも、継続利用が可能になります。


関連ページ

関連施設

関連リンク

(別ウィンドウでリンク先を開きます。江東区サイト外のページに移動します。)
トップページ >  主な手続 >  住民票・印鑑登録 >  住基カード >  住民基本台帳カード(住基カード)

ホームページ内一覧と外国語ページへのリンク

このサイトについて | 更新履歴 | サイトマップ | プライバシー | 著作権・リンク
〒135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28 江東区役所 電話:03-3647-9111(代表)
江東区役所への行き方