○江東区飼い主のいない猫の去勢又は不妊手術費助成要綱
平成21年2月26日
20江保生第3689号
(目的)
第1条 この要綱は、動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)及び東京都動物の愛護及び管理に関する条例(平成18年東京都条例第4号)の趣旨に基づく飼い主のいない猫の去勢又は不妊手術に要する費用の助成について必要な事項を定めることにより、飼い主のいない猫の繁殖を抑制し、もって区民の快適な生活環境を保持するとともに、人と猫との調和のとれた共生社会の実現に資することを目的とする。
(定義)
第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1) 去勢手術 精巣を摘出する手術をいう。
(2) 不妊手術 卵巣又は卵巣及び子宮を摘出する手術をいう。
(3) 普及員 飼い主のいない猫の適正な飼養の推進について熱意と経験を有する区民で、去勢又は不妊手術(以下「手術」という。)の円滑な実施を図るため、猫の適正な飼養の普及啓発及び区内に生息する猫の飼い主の有無の判定を行う猫の適正飼養普及員として登録されたものをいう。
(対象となる猫)
第3条 手術の対象となる猫は、区内に生息する猫であって、普及員により飼い主がいないと判定されたもの(以下「飼い主のいない猫」という。)とする。
(助成対象者)
第4条 助成対象者は、区内に在住又は在勤する者であって、飼い主のいない猫に手術(区長が適当と認める理由により麻酔の実施のみで完了した場合を含む。次条において同じ。)を受けさせたものとする。
(助成対象経費)
第5条 助成対象経費は、手術の実施に直接必要な経費とする。
(助成金の額)
第6条 助成金の額は、次に掲げる額を限度とし、予算の範囲内で交付する。
(1) 去勢手術 1頭につき1万円
(2) 不妊手術 1頭につき2万円
(3) 麻酔のみ 1頭につき5,000円
(事前確認の申出)
第7条 飼い主のいない猫に手術を受けさせようとする者は、手術の実施前に、飼い主のいない猫であるか否かを判定するため、飼い主のいない猫の事前確認申出書(別記第1号様式)により、保健所長に事前確認の申出をするものとする。
(事前確認の報告)
第8条 保健所長は、前条の申出があった場合は、普及員に申出の対象となった猫が飼い主のいない猫であるか否かを確認させ、飼い主のいない猫の事前確認報告書(別記第2号様式)により報告を求めるものとする。
(動物病院の指定)
第9条 保健所長は、前条の規定により飼い主のいない猫と判定した猫について、手術を実施する動物病院を指定し、飼い主のいない猫の去勢又は不妊手術実施動物病院指定通知書(別記第3号様式。以下「指定通知書」という。)により第7条の申出をした者に通知する。
(手術の実施)
第10条 前条の規定による通知を受けた者は、保健所長が指定する期間内に、指定された動物病院に指定通知書を持参し、手術の対象となった飼い主のいない猫に手術を受けさせるものとする。
2 前項の規定にかかわらず、指定された動物病院の獣医師が、飼い主のいない猫について病気その他の事情により手術の実施が適当でないと判断した場合は、当該飼い主のいない猫の手術を実施しないものとする。
(手術の完了報告)
第11条 前条の規定により手術を実施した動物病院は、手術の完了後、飼い主のいない猫の去勢又は不妊手術完了証明書(別記第4号様式)により保健所長に報告するものとする。
(交付申請)
第12条 助成金の交付を受けようとする者は、第10条の手術の実施後、飼い主のいない猫の去勢又は不妊手術費助成金交付申請書(別記第5号様式)に必要事項を記入の上、区長に提出するものとする。
(交付決定)
第13条 区長は、前条の規定による申請があった場合は、その内容を審査し、適当と認められるものについては飼い主のいない猫の去勢又は不妊手術費助成金交付決定通知書(別記第6号様式)により、不適当と認められるものについては飼い主のいない猫の去勢又は不妊手術費助成金交付申請却下通知書(別記第7号様式)により、当該申請をした者に通知する。
2 区長は、前項の交付決定に際し、条件を付することができる。
(助成金の請求及び交付)
第14条 前条の規定により助成金の交付決定を受けた者(以下「助成決定者」という)は、飼い主のいない猫の去勢又は不妊手術費助成金交付請求書兼委任状(別記第8号様式)に区長が必要と認める書類を添えて区長に請求するものとする。
2 区長は、前項の規定による請求があったときは、速やかに助成金を交付する。
(交付決定の取消し)
第15条 区長は、決定通知受理者が次の各号のいずれかに該当した場合は、助成金の交付の決定の全部又は一部を取り消すことができる。
(1) 偽りの申請その他の不正な手段により助成金の交付決定を受けたとき。
(2) 助成金の交付決定の内容若しくはこれに付された条件又は法令に違反したとき。
2 区長は、前項の規定により、助成金の交付の取消しをした場合は、速やかにその旨を当該決定通知受理者に通知するものとする。
(助成金の返還)
第16条 区長は、前条の規定により助成金の交付決定の全部又は一部を取り消した場合において、当該取消しに係る部分に関し、既に助成金を交付しているときは、期限を定めてその返還を命じなければならない。
2 前項の規定による助成金の返還に係る違約加算金及び延滞金の取扱いについては、江東区補助金等交付事務規則(平成20年3月江東区規則第24号)の定めるところによる。
(普及員の登録)
第17条 区長は、第2条第3号に規定する普及員の登録に当たっては、猫の適正飼養普及員名簿を調製し、保管する。
2 前項の登録に当たっては、区長は、区報、江東区ホームページ等への掲載により普及員の募集を行い、選考のうえ決定する。
3 普及員の登録期間は、1年間とし、再登録を妨げない。
(普及員の所掌事務)
第18条 普及員は、次の事項を所掌する。
(1) 飼い主のいない猫の適正な飼養の普及啓発に関すること。
(2) 飼い主のいない猫の確認に関すること。
(3) 前2号に掲げるもののほか、区長が必要と認める事項
(会議)
第19条 普及員は、前条各号に規定する事項について検討するため、定期的に飼い主のいない猫の適正飼養普及員会議を開催する。
(普及員の登録解除)
第20条 区長は、普及員が次の各号のいずれかに該当するときは、その登録を解除することができる。
(1) 自己の都合により登録の解除を申し出たとき。
(2) 区長が普及員としての適格性を欠くと認めるとき。
(委任)
第21条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、保健所長が別に定める。
附 則
この要綱は、平成21年4月1日から施行する。
附 則
この規程は、平成22年4月1日から施行する。
附 則
この規程は、平成29年4月1日から施行する。

別記第1号様式(第7条関係)

別記第2号様式(第8条関係)

別記第3号様式(第9条関係)

別記第4号様式(第11条関係)

別記第5号様式(第12条関係)

別記第6号様式(第13条関係)

別記第7号様式(第13条関係)

別記第8号様式(第14条関係)