ホーム > 防災・安全 > 東日本大震災関連情報 > 放射能関連情報 > 区内の放射能測定について > 学校給食で使用を予定していた生たけのこの放射性物質検査結果について

ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

学校給食で使用を予定していた生たけのこの放射性物質検査結果について

学校給食食材「生たけのこ」の放射性物質検査結果について

江東区教育委員会では、平成24年6月から給食食材の放射性物質事前検査を実施しています。
今回、使用予定の食材について検査を実施したところ、放射性物質のセシウム137が検出されました。セシウム合計は教育委員会が定める学校食材として使用する際の判断基準値以下でしたが、安全面を考慮して使用を中止いたしました。
今回放射性物質が検出された食材について、給食で使用した学校はありません。
なお、江東区教育委員会では、食品衛生法で定める国基準より厳しい基準を設けて給食食材の放射性物質事前検査を実施しております。
今後も、学校給食食材の放射性物質検査を継続し、安全・安心な学校給食の運営に努めてまいります。

内容

  1. 使用予定食材:生たけのこ
  2. 使用予定日:4月22日(金曜日)
  3. 検査日:4月21日(木曜日)
  4. 検査機関:深川南部保健相談所
    (NaIスペクトロメーターによるスクリーニング検査)
  5. 分析試験項目:ヨウ素131、セシウム134・137
  6. 検査結果:ヨウ素131・・・・検出せず(<6Bq/kg)
    セシウム134・・検出せず(<10Bq/kg)
    セシウム137・・検出する(15Bq/kg)
    セシウム合計・・検出する(<25Bq/kg)

※同産地の生たけのこを4月25日に再度スクリーニング検査を行いました。
結果は下記のとおりです。
ヨウ素131・・・・検出せず(<5Bq/kg)
セシウム134・・検出せず(<9Bq/kg)
セシウム137・・検出する(7Bq/kg)
セシウム合計・・検出する(<25Bq/kg)

基準値について

  • 江東区教育委員会:セシウム合計<25Bq/kg
  • 国(食品衛生法):セシウム合計<100Bq/kg

※上記の検査でセシウム134・137の合計が25Bq/kgを超えたものについては、登録検査機関において
確定検査を行います。

4月21日にスクリーニング検査を実施した生たけのこにおいて、確定検査を行った結果は下記のとおりです。

  • 分析方法:γ線スペクトロメータ(ゲルマニウム半導体検出器)法
  • 検査結果:ヨウ素131・・・・検出せず(<2.9Bq/kg)
    セシウム134・・検出せず(<2.2Bq/kg)
    セシウム137・・検出する(9.9Bq/kg)

※学校給食食材の放射性物質事前検査の検査概要並びに検査結果につきましては、下記関連ページより
ご確認ください。 

関連ページ

お問い合わせ

教育委員会事務局 学務課 給食保健係 窓口:06-02

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9177

ファックス:03-3647-9053

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?