ホーム > 健康・福祉 > 衛生 > 生活・くらしの衛生 > 千葉県内におけるアカカミアリの確認について(東京港青海ふ頭を経由)

ここから本文です。

更新日:2018年6月11日

千葉県内におけるアカカミアリの確認について(東京港青海ふ頭を経由)

「アカカミアリ」の発見状況について

平成30年5月30日に千葉県柏市内の物流倉庫に搬入された貨物において運送事業者により発見されたアリの死骸(約100個体)について、専門家による種の同定の結果、6月10日に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されましたので、お知らせします。

確認までの経緯(アカカミアリ)
  • 5月19日:台湾の高雄港から当該コンテナを積載した船舶が出港
  • 5月24日:東京港に入港し青海コンテナふ頭に陸揚げ
  • 5月29日:青海ふ頭からコンテナを搬出
  • 5月30日:コンテナを柏市内の倉庫へ搬送入、荷降ろし中に物流業者が貨物の容器外部に付着した虫の死骸を発見し、輸入業者へ報告
  • 6月1日:輸入業者が検査会社に異物検査を依頼し、その後柏市に通報
  • 6月6日:検査会社より輸入業者に虫の死骸がトフシアリ属のアリとの検査結果を報告
  • 6月7日:輸入業者が柏市に連絡し、柏市から千葉県生物多様性センターに報告。千葉県自然保護課より関東地方環境事務所へ連絡
  • 6月8日:千葉県生物多様性センターが物流業者立会いのもと発見地点周辺に粘着トラップ及びベイト剤(殺虫餌)を設置
  • 6月8-9日:東京都が東京港のコンテナが一時的に留め置かれた地点周辺において調査を実施、疑わしいアリは確認されず
  • 6月10日:当該アリについて、専門家がアカカミアリであることを確認
今回確認されたアリについて

柏市において確認されたアリはアカカミアリの働きアリ(死骸約100個体)です。

対応状況

発見地点周辺において、ベイト剤(殺虫餌)を設置し、防除を実施しています。なお、周辺ではアカカミアリと疑わしいアリは他に確認されていません。

相談窓口

アカカミアリやヒアリと疑わしいアリを発見した場合や、アカカミアリやヒアリの特徴等一般的な問合せ、健康被害の問合せ等については、「ヒアリ相談ダイアル」をご利用ください。

  • 受付曜日:月、水、金、土、日、祝(ただし、12月29日から1月3日までを除く)
  • 受付日時:午前9時から午後5時まで
  • ヒアリ相談ダイアルの電話番号:0570-046-110

「ヒアリ」の発見状況について(平成29年)

平成29年7月11日に東京港青海ふ頭で陸揚げされ、8月10日に埼玉県狭山市の事業者敷地内倉庫で発見されたアリについて、専門家による種の同定の結果、8月16日に特定外来生物であるヒアリ(Solenopsis invicta)の女王アリと確認されましたので、お知らせします。

確認までの経緯(ヒアリ)
  • 日時不明:中国広東省広州市黄埔港を出港。
  • 7月7日:香港で積み替え後、出港。
  • 7月11日:東京港青海ふ頭に到着、コンテナヤードに陸揚げ。
  • 7月18または19日:埼玉県狭山市にコンテナを搬送。積荷を倉庫に搬入。なお、空コンテナ内にアリは確認されていないことから、敷地外に搬出されている。
  • 8月10日:事業者が、倉庫内で保管されていた梱包材上でアリの死骸(1個体)を発見。狭山市を通じて埼玉県西部環境管理事務所に通報。その後、埼玉県より関東地方環境事務所に通報。
  • 8月11日:埼玉県及び狭山市による現地調査を実施。発見場所周辺及び敷地内での搬入経路でアリは発見されなかった。なお、事業者は当該アリの発見前から敷地内にベイト剤(毒餌)を設置。
  • 8月14日:埼玉県が関東地方環境事務所にアリのサンプルを持ち込み同定依頼。ヒアリ類の可能性が高いと判断し、専門家に同定を依頼。
  • 8月16日:専門家により、当該アリがヒアリ(Solenopsis invicta)の女王アリであることを確認。

「アカカミアリ」の発見状況について(平成29年)

平成29年7月14日、東京港青海ふ頭(都有地内)で発見されたアリ及び7月3日に東京港に荷揚げされ、7月12日に茨城県常陸太田市で発見されたアリについて、専門機関による種の同定の結果、7月14日に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されましたので、お知らせします。

確認までの経緯(アカカミアリ)
  • 7月14日:環境省が港湾関係者の協力を得て、東京港青海ふ頭(都有地内)で、ヒアリの調査を実施し、ヒアリの疑いのあるアリ(1000個体以上)を発見、アリのサンプルを採取。専門機関により当該アリがアカカミアリ(Solenopsis geminata)であることを確認。
  • 7月21日:7月3日に東京港青海ふ頭に到着、コンテナヤードに陸揚げされ、7月12日に東京港青海ふ頭から茨城県常陸太田市に搬送されたコンテナ2個より、ヒアリの疑いのある個体(24個体)が確認された。なお、コンテナ内にアリは確認できなかったため、空のコンテナは青海ふ頭に戻された。専門機関により、常陸太田市で見つかったアリがアカカミアリ(Solenopsis geminata)であることを確認。

これまで行ってきた対策について

行った対応
  • ヒアリが発見された事業者敷地内にベイト剤を設置済みです。
  • 東京港では、環境省・国土交通省と連携して、ヒアリ・アカカミアリ確認地点周辺にベイト剤を設置するとともに、外貿コンテナふ頭及びその周辺において目視調査及びトラップを設置し、監視を強化しています。
  • 今後、同様のルートで製品を輸入する際に、ヒアリその他の特定外来生物の付着・混入がないよう、現地の工場・保管場所・コンテナ置き場・積み出し港等の状況を把握し、対策を講じるよう依頼しています。
  • 船舶やコンテナ保管場所、倉庫、その他運搬車両等の事業関係者に当該生物の混入があったことを周知し、他に混入のおそれがないかさらなる確認を依頼しています。
注意喚起の実施状況
  • 東京港内の港湾施設利用者への周知
  • 発見場所から半径2キロメートル圏内の公園に注意喚起の看板を設置
  • 東京都ホームページにヒアリ等による被害の予防方法等の情報を掲載
  • 江東区ホームページ、東京都港湾局・環境局ツイッター及びフェイスブックでの注意喚起
区民の皆様へお知らせ
  • これまでに区内の住宅地においてヒアリやアカカミアリは発見されておりません。ふ頭内で発見されたヒアリやアカカミアリについては、巣を出入りする個体がいなくなるまで、全ての個体を駆除します。
  • ヒアリやアカカミアリに刺された場合、激しい痛みや水泡状の腫れを引き起こすなど、人体にとって危険な生物です。もし、ヒアリやアカカミアリの疑いのあるアリを発見した場合は、決して素手で触らないように注意し、江東区環境保全課や東京都環境局までご連絡ください。

ヒアリ・アカカミアリを発見した場合

ヒアリやアカカミアリの疑いのあるアリを発見した場合は、素手で捕まえようとしたり触らないでください。

なお、ヒアリやアカカミアリは市販のアリ用殺虫剤で駆除することができます。

ヒアリ・アカカミアリに刺された場合

ヒアリやアカカミアリに刺された直後は痛み、痒み程度ですが、急速に症状が進む場合があります。体調の変化を観察し、お近くの医療機関を受診してください。重度の症状がある場合は、直ちに救急車を要請してください。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境清掃部 環境保全課 調査係 窓口:防災センター06-06

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-6148

ファックス:03-5617-5737

港湾施設における対応に関すること
東京都港湾局港湾経営部経営課環境保全担当
電話番号:03-5320-5553

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?