ホーム > イベントカレンダー > 在宅医療シンポジウム「退院したらどうなるの?実は身近な在宅医療」

ここから本文です。

更新日:2017年12月25日

在宅医療シンポジウム「退院したらどうなるの?実は身近な在宅医療」

在宅医療という言葉を最近よく耳にしませんか?
在宅医療は、限られた人だけの特別なものではありません。
「住み慣れた地域で安心してすごすために」身近な在宅医療について
一緒に考えてみましょう。

zaitakutirasi

日時

  • 2018年1月28日(日曜日)14時00分

場所

ティアラこうとう大会議室(江東区住吉2-28-36)

対象・定員

対象:どなたでも
定員:200人

費用

無料

内容

1.講演『身近な医療制度と在宅医療』
 講師:猪口雄二氏(医療法人財団寿康会理事長、公益社団法人全日本病院協会会長)

2.パネルディスカッション『退院したらどうなるの?~みんなで支える在宅療養~』
 パネリスト:地域で活躍する医療・介護の関係者

締切日

定員に達し次第締め切ります

申込方法

1.下記申込フォームよりお申込み
2.電話で江東区健康推進課がん対策・地域医療連携係(03-3647-5889)まで

お問い合わせ先

健康部(保健所)健康推進課 がん対策・地域医療連携係
電話:03-3647-5889
FAX:03-3615-7171

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?