ホーム > 健康・福祉 > 保健 > 健康診査 > 江東区「健康診査」

ここから本文です。

更新日:2017年12月15日

江東区「健康診査」

平成29年度江東区「健康診査」の内容です。

健康診査とは

健康診査は、生活習慣病の早期発見・予防に主眼をおいた健診です。生活習慣を改善し、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の解消に努めることで、より効果的に生活習慣病を予防することができます。健診の結果、生活習慣の改善が必要な方は、特定保健指導を実施します。

特定保健指導とは

74歳以下の江東区国保加入者のうち、健診結果によりメタボリックシンドロームが疑われる方に対して、特定保健指導を実施します。概ね2ヶ月後、対象となる方には、「特定保健指導の実施について」というお知らせを送付します。
特定保健指導は、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病等の予防を目的とし、動脈硬化を進めるメタボリックシンドロームからの脱却に向けた生活習慣の改善を支援します。

対象者

平成29年度内に40歳以上となる区民で、江東区国民健康保険加入者、後期高齢者医療制度加入者、および生活保護受給中の方
受診対象者には6月20日ころまでに「受診券(シール)」及び問診表等の入ったみどり色の封筒をお送りいたします。

健診項目

  1. 原則として全員に実施する項目
    問診・腹囲・血圧・血液検査・尿検査・貧血検査・胸部X線・心電図等
    ※65歳以上の方の胸部X線検査は法に基づく結核定期健康診断を兼ねています。※75歳以上の方は腹囲については省略可能です。
  2. 医師が必要と認めた場合に実施する項目
    眼底検査
  3. 肝炎ウイルス検査
    過去に肝炎ウイルス検査を受けたことがない方が対象です。
    健康診査の予約・受診時に医療機関にお申し出ください。健康診査と同時に実施します。※後日の申し出は受け付けませんのでご了承ください。

健診期間

6月21日(水曜日)から翌年2月20日(火曜日)です。

期間後半は混み合うことが予想されますので、お早目の受診をお勧めします。
*一部の医療機関は、実施時期が異なります(平成29年12月まで)。お送りする医療機関名簿で事前にご確認ください。

健診費用

健診費用は無料です。ただし、健診の結果、精密検査や治療が必要となった場合の費用は保険診療(有料)となります。

受診方法

お送りした受診券(シール)及び問診表(事前にご記入のうえ)と健康保険証を医療機関にお持ちください。
一部の医療機関は予約が必要となります。
*健康診査は、年度内に1回受けることができます。

実施医療機関

区内172か所の医療機関で実施します。郵送したご案内の中に受診できる医療機関名簿も同封しています。下記関連ドキュメント「平成29年度実施医療機関名簿」からもご覧になれます。名簿の中からご都合のよい医療機関をお選びになり受診してください。(予約が必要な医療機関もありますので、ご注意ください。)

各種被用者保険や国保組合加入の方は

各種被用者保険(健康保険組合・全国健康保険協会(協会けんぽ)・共済組合)にご加入の方及び被扶養者の方、国民健康保険組合(国保組合)にご加入の方は、それぞれの保険者が実施する健康診査の受診対象者となっています。各保険者からの案内にしたがって受診してください。(「新しい健康診査の制度」をご参照ください。)

関連ドキュメント

関連ページ

問い合わせ先

江東区健康部(保健所)健康推進課健康づくり係

電話番号:03-3647-9487

ファックス:03-3615-7171

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?