ここから本文です。

更新日:2017年5月29日

高齢者緊急通報システムの設置

事業概要

慢性疾患がある等、日常生活を営む上で常時注意を要する状態にあるひとり暮らし・高齢者のみの世帯の方、または日中独居となる高齢者の方に緊急時に押しボタンやペンダントを押すと電話回線を通じて自動的に通報される機器を設置します。消防庁型と警備会社型があります。

システムの内容

1.消防庁型(消防緊通)

  • 機器本体及び緊急ペンダントを設置します。
  • ボタンを押すことで消防庁に通報され、緊急事態の発生を知らせる事ができます。
  • 利用者負担はありません(無料)が、自宅の鍵を預ける近所の協力員が必要となります。

2.警備会社型(民間緊通)

  • 本体とペンダント以外に、火災・ガス・ライフリズムセンサーを設置します。
  • ボタンを押すことで警備会社へ通報され、警備員のかけつけと、119番通報をおこないます。
  • 自宅の鍵を警備会社に預けます。
  • 利用者負担月額1,500円(住民税非課税者は750円)がかかります。

対象者

(要件)*次のすべてを満たす方

1.消防庁型(消防緊通)

  • 65歳以上のひとり暮らし・高齢者のみの世帯、または日中(夜間)独居の高齢者の方
  • 慢性疾患があるなど日常生活を営む上で常時注意を要する状態にある方
  • ご自宅に電話回線をお持ちの方(NTTの一般回線以外をお使いの方は、原則ご利用頂けません。)
  • 概ね30分圏内にお住まいで緊急時に駆けつけられる方を協力員として選定可能な方

2.警備会社型(民間緊通)

  • 65歳以上のひとり暮らし・高齢者のみの世帯、または日中(夜間)独居の高齢者の方
  • 慢性疾患があるなど日常生活を営む上で常時注意を要する状態にある方
  • ご自宅に電話回線をお持ちの方(NTTの一般回線以外をお使いの方は、ご利用頂けません。)

*64歳以下で障害者福祉を希望の方は下記関連ページを参照ください。

申請受付

お近くの長寿サポートセンター(区内21か所)または、江東区役所長寿応援課地域支え合い係(本庁舎3階8番)

申請に必要な書類

消防庁型

  1. 高齢者緊急通報システム利用申請書(消防緊通)
  2. 高齢者緊急通報システム利用確認書(消防緊通)

警備会社型

  1. 高齢者緊急通報システム利用申請書・確認書(民間緊通)

関連ドキュメント

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉部 長寿応援課 地域支え合い係 窓口:3-8

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9468

ファックス:03-3647-9247

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?