ホーム > こども・教育 > 青少年の育成 > 健全育成 > 青少年交流プラザ利用案内

ここから本文です。

更新日:2017年6月19日

青少年交流プラザ利用案内

青少年交流プラザとは

青少年交流プラザ(旧青少年センター)は、青少年たちの自主的な活動や青少年団体等の支援をおこなうなど、青少年の健全育成に寄与するための施設です。平成28年度に大規模改修工事を実施し、平成29年4月1日より亀戸第二保育園との複合施設としてリニューアルオープンしました。また、指定管理者制度を導入し、施設の管理・運営は株式会社マミー・インターナショナルがおこないます。青少年交流プラザの施設利用・予約及びイベントについては、下記、関連施設「青少年交流プラザ」をご覧ください。

開館時間

午前9時から午後10時まで

休館日

第2・第4月曜日(祝日と休館日が重なった場合は開館)

年末年始(12月29日~1月3日)

貸出施設の利用方法

はじめて青少年交流プラザを利用するときは、団体の活動内容を把握するため「初回利用届」の記入をお願いしています。届け出に来る方の身分証明書(運転免許証・保険証・学生証のいずれか)を窓口で提示してください。料金は「施設・器具利用料金」をご覧ください。貸出施設のご予約に関すること(施設の空き状況確認含む)は、青少年交流プラザ(03-3681-7334)へ直接ご連絡ください。青少年交流プラザの営業時間および休館日は、下記、関連施設「青少年交流プラザ」をご覧ください。

個人の利用はできません。2名以上のグループでご利用ください。

青少年団体等登録制度

青少年交流プラザの貸出施設は、青少年の活動支援のために「団体登録制度」があり、要件を満たし、登録すれば「施設を無料または半額減免」「一般団体より優先して申込できる」など優遇措置を設けています。登録団体の皆様には制度の趣旨を充分理解したうえで適正な利用をお願いします。

団体登録区分及び優遇措置

  1. 青少年団体→施設優先予約・施設使用料無料・ロッカー利用(希望団体のみ)
  2. 成人団体→施設優先予約・施設使用料2分の1減免・ロッカー利用(希望団体のみ)

団体登録要件

「青少年団体」「成人団体」共通

  1. 会員は5名以上で、江東区内に在住・在勤・在学が過半数であること
  2. 会員の過半数が35歳以下であること
  3. 代表者が江東区内に在住・在勤・在学のいずれかであること
  4. 組織及び活動のために規約をもつこと
  5. 活動を行うための経理機構を有すること
  6. 青少年交流プラザ事業・運営に関して協力できること

「青少年団体」要件

上記の団体登録要件1から6に加え、会員の過半数が22歳以下であること。または15歳以下の会員を1名以上有し、当該会員を対象とした健全育成の活動を行っていること。

「成人団体」

上記の団体登録要件1から6に加え、「青少年団体」の基準を満たさないこと。

基準を満たしていても営利を目的とする活動や施設管理上支障を来たす場合などには登録団体として承認されない場合もあります。

申請の際は青少年交流プラザ窓口まで青少年団体等登録書類一式(PDF:1,215KB)(青少年団体等登録申請書・会員名簿・団体規約)を提出してください。審査には約1週間程度かかります。承認後、登録団体の証明となる「青少年団体等登録カード」をお渡しします。登録期間は、毎年4月1日から3月31日までの1年間です。(年度途中の登録も可能)

その他青少年交流プラザ減免団体

以下の団体には減額措置があります。区役所(官公署等)がご利用の際は、青少年課へお問い合わせください。

団体種別 施設使用料 施設申請受付開始日
社会教育関係団体 半額減免 使用日の2ヶ月前の2日(1月は2日)
障害者団体 半額減免 使用日の2ヶ月前の2日(1月は2日)

関連施設

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部 青少年課 青少年係 窓口:4-23

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9813

ファックス:03-3647-8474

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?