ホーム > イベントカレンダー > 江東区伝統工芸展

ここから本文です。

更新日:2018年10月11日

江東区伝統工芸展

江東区に伝わった江戸時代以来の伝統的な技術を公開します。
今回、特集として「更紗染・佐野利夫・佐野勇二」を取り上げます。ぜひご覧ください。

会期:2018年11月1日(木曜日)から2018年11月4日(日曜日)

開場時間:午前9時30分~午後5時(最終日は午後4時まで)

同時開催:伝統工芸品即売(主催・江東区伝統工芸保存会)
伝統工芸展会場内で、江東区伝統工芸保存会による工芸品の即売が行われます。手作りの一品ものです。

平成30年度江東区伝統工芸展特集展示・佐野氏

更紗染め、佐野氏の作業風景

日時

  • 2018年11月1日(木曜日)から2018年11月4日(日曜日)

場所

江東区深川江戸資料館:地階レクホール(江東区白河1-3-28)
東京メトロ半蔵門線「清澄白河」下車徒歩3分
都営大江戸線「清澄白河」下車徒歩3分
都バス門33「清澄庭園前」下車徒歩3分
都バス秋26「清澄白河駅」下車徒歩4分

関連資料「平成30年度伝統工芸展チラシ(表)」もご参照ください。

費用

入場無料

以下の技術体験は有料となります。申込は直接職人さんに申し出てください。

体験時間:午前10時~正午、午後1時~午後3時

11月1日(木曜日)江戸切子(皿のカット):費用1000円、無地染(絞り染め):費用2000円

11月2日(金曜日)べっ甲細工(イヤリング):費用2000円、表具(一閑張りの器):費用1000円、更紗染(東海道五十三次「蒲原」):費用2500円、建具(組子細工コースター):費用1000・1500・2500円

11月3日(土曜日)鍛金(まいご札):費用1000円、更紗染(東海道五十三次「蒲原」):費用2500円、すだれ製作(すだれ手編み):費用500円、茶の湯指物(箸・小箱):費用1000円(箸)・1500円(小箱)

10月4日(日曜日)表具(一閑張りの器):費用1000円、更紗染(東海道五十三次「蒲原」):費用2500円、茶の湯指物(箸・小箱):費用1000円(箸)・1500円(小箱)、木彫刻(根付)):費用500~2000円

関連資料「平成30年度伝統工芸展チラシ(裏)」もご参照ください。

内容

技術の実演公開
伝統工芸の技を受け継ぐ江東区無形文化財保持者による実演を行います。
詳細は関連資料「平成30年度伝統工芸展チラシ(裏)」をご参照ください。

技術の体験
簡単な技術の体験ができます。所要時間は30分~2時間です(技術により異なります)。
詳細は関連資料「平成30年度伝統工芸展チラシ(裏)」をご参照ください。

注意事項

最終日11月4日(日曜日)は午後4時までの開催となっております。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

地域振興部 文化観光課 文化財係 窓口:区役所4階32番

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9819

ファックス:03-3647-8470

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?