ホーム > 防災・安全 > 防災情報 江東区 > トピックス > 弾道ミサイル落下時の行動について

防災情報 江東区

ここから本文です。

更新日:2017年10月23日

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。弾道ミサイルに注意が必要な地域に江東区が含まれている場合(※)は、防災行政無線放送で、特別なサイレン音とともにメッセージを流します。また、緊急速報メールや、こうとう安全安心メールなど、様々な方法で緊急情報をお知らせします。メッセージが流れたら、落ち着いて、直ちに行動してください。

メッセージが流れた直後に取るべき行動

【屋外にいる場合】

近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な建物)の中、または地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。

近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

【屋内にいる場合】

できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。

 

 

(※)平成29年8月29日、北朝鮮のミサイル発射情報がJアラート(全国瞬時警報システム)により発令されました。その際、江東区を含む東京都は、「弾道ミサイルが飛来する可能性があり、注意が必要な地域」に含まれていませんでした。そのため、江東区では、防災行政無線放送の自動放送などは行われませんでした。

 

詳しい情報は、内閣官房国民保護ポータルサイトで紹介しています。

内閣官房国民保護ポータルサイトでは、国民保護サイレンの試聴や弾道ミサイル落下時のQ&A、全国の避難施設一覧など、詳しい情報を紹介しています。また、総務省消防庁のホームページでは、Jアラートの仕組みや、ご自身の携帯電話が緊急速報メールに対応しているかの確認方法などを紹介しています。いずれも、下記関連リンクでご確認いただけます。

なお、これらの内容を抜粋し、「弾道ミサイル落下時の行動」(江東区版)の案内を作成しました。下記関連PDFでご覧いただけますので、あわせてご利用ください。

 

災害発生時の情報収集について

弾道ミサイル落下時だけでなく災害が発生した時は、正確な情報を得て落ち着いて行動することが大切です。日頃から、様々な情報の取得方法を確認しておくことも、災害発生時の冷静な行動につながります。下記関連ページの「災害発生時の情報収集と伝達」についても、ぜひご覧ください。

関連PDF

 

関連リンク

内閣官房国民保護ポータルサイト

総務省消防庁

関連ページ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

危機管理室(総務部) 危機管理課 危機管理係 窓口:防災センター 04-01

郵便番号135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28

電話番号:03-3647-9382

ファックス:03-3647-9651

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?